2015年07月23日

お繋がり・お導き


 こんにちは!今日は勢いがあります、私。(笑)

 ある程度の段階までくると、ハイヤーセルフのサインが分かりやすくなるんですね。
そうして、見えない力の動かすほうへと動き、やることをやり、
その日を終えることが幸せだと思います。
それは龍にのってるかのようなイメージです。
たまに感じます。ふわりと浮いてるくらい、エネルギーが動いてる時。
(そんなとき、私の顔はいっちゃってると思いますが)

 かつて初めてディクシャを受けるときも、
ふわりと隣に来て「受けて帰れよな」と伝えてきたことが
あります。

ああ、ありがたいです。導かれてるって!!!!!

 今回も導かれ、再び繋がれた方がいます、それは
南方熊楠先生〜〜〜〜〜〜。
昔、彼の伝記を読んでなにか落ち着く感じがあったので、
ここにきて再び繋がれたことは、ありがたいことなのです。

 なんと!

 アボリジニ伝説による、人は精霊がトカゲより作ったという
話を日本に紹介したのが、南方熊楠氏。
この興奮、お伝えできないのが悔しいです。

 長い旅を一人で歩いてきて、懐かしいエネルギーに抱かれるといいましょうか。
一人じゃなかったんだと、噛みしめるとき。

 乙姫様もそうでしたが、私は、トカゲから作られたという話は
本当だと信じています。

 ここに書こうと思ったことはこれからです。(笑)
アボリジニ伝説に引き込まれ、満たされていく感覚のなかで、
ハッとして実行してることがあります。
精霊との対話です。
宇宙って、感情が違うそうで、淡々としてるわけです。
そこで、地球へ派遣された私たちの活動が鍵なんですよ!
だからこそ、何が辛くて、何が理不尽で、何がありがたいか、
日々、語るようにしています。
そしてあとは、天の計らいにお任せしようということです。

 これまでは、その負の感情におしつぶされていましたが、
「任務だった!」と思いだした感じです。

 実際、旦那が宇宙でロボットのようなものを作っていて、
現在進行形で今も作っているわけで、彼の地球での経験、感情がヒントに
なるそうです。
(ビジョンでみました)
彼の開発に私の喜怒哀楽もさぞかし、役立ってることでしょう。

 これからも、毎日、精霊たちに報告して、
手放してぐっすり眠ることにします。


一人で持てない荷物は持たなくていい!だと思います。
それより、仕事やって笑っていましょう!!!

 今日もありがとうございます。
歓迎.jpg
posted by すもこ at 13:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

ワンネス


 こんばんは。

 刺激的な日々です。

 いつもの癖で、日本の教育なんて大嫌いと思っていましたが、
マヤ暦でキンナンバー1(!)のママに、あきらめないよう
元気をもらいました。
黒キンの人のこういう強さはすごいんですね。
ここぞ、というときにあきらめないでいることが、次のいい展開を
呼びますもんね!

 ワンネスの話です。

 私は蛇への興味に始まり、龍、蛇神様との繋がり、かなへび、
コモドオオトカゲ、そしてマヤ文明に深く関わったイグアナにたどり着き、
興奮していました。
母も、友達も、点と点が繋がったこの先のお導きがまた楽しみだと
共に興奮してくれています。
(母によると、人は人生で必要なこととは必ず、意識する前に出会ってたり、
縁があると。いつの日か線になるときに、納得する旅だと常々語っています) 
 
 そんななか、これまで成功しなかった、かなへびの孵化に成功しました。
辛いことのあった後だけに、このギフト心にしみました。
しかも、家族みんなで立ち会えたんです。

 かなへびの卵は孵化のとき、出やすいように縦横に割れるよう設計して
あるそうで、その割れるのも見ました!

 生まれてくる瞬間は、もう、ワンネスです。
命の誕生に大きいも小さいもなくて、ただ感動です。
ただ、実を結んだことがうれしいのです。
理屈でなくてハートがはじけます。

 私たちの、あきらめない気持ちの波が、やがて、大きな波へと
繋がるのかもしれません。
私たちは無力で小さな波しか起こせませんが、起こすことが大事ですよね。
小さなことを嘆くなんてナンセンスなんですよね・・。

 そんな深く、かなへびの小さな命の波が私たちのなかに
揺れを起こしているんですね。

 これからもお導き、ここでシェアします。
波をつなげましょう!
あきらめなかった、腐らなかった心のすがすがしさを共に感じましょう!

 







posted by すもこ at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

体と心


 こんにちは。

 蛇神様の話は途中になってるのですが・・・。

 今日はアボリジニ伝説を紹介したいのです。
なんといっても、精霊、創造主、ご先祖霊たちと対話したり、
動物の意識のなかにはいったり、
不思議なワンネスの次元、ドリーミングの状態なんですね。
これは、トカゲメディスンにもでてくるわけですが。

 読みだすと、その世界に引き込まれます。
むしろ、今のほうがおかしいよねと思えます。
子供のころからもっと本当は精霊たちがいるはずだと
信じていました。(笑)

 数々の伝説のなかで、今日は
「踊るカンガルー」を紹介したいです。
(「オーストラリア アボリジニの伝説」ジーンエリス著)

 アボリジニは槍の名人だったので、カンガルーは彼らの
キャンプには絶対近寄りませんでした。
ドリーミングの初期、カンガルーはまだ四足でした。
ある日、アボリジニたちの神聖なる儀式のダンスに一匹の
カンガルーが魅了されます。
火、歌、色とりどりのペイント、太鼓。
カンガルーは抑えきれず、彼らの輪にはいり夜通し踊ります。
 朝になり、疲れ切った体のカンガルーは動けないまま、
とらえられてしまうのです。
一人の長老は、「儀式を邪魔した罪だ、死をもってつぐなってもらおう」
一人の長老は、「友好の印なので、褒美をあげるべきだ」
もちろん、みんなはカンガルーを殺したくないので、後者のほうに
賛成です。
結局、天に意見をうかがうことになり、もちろん、天は
食べる以外で不必要に殺生するなとも教えます。
 カンガルーは二本足で立ち、人間たちに拍手喝采されるなか、
帰っていきました。

 シンプルなストーリーですが、味わい深い。
リズム、火、捧げるダンスなどはきっと遺伝子のなにかに
スイッチオンするのではないでしょうか。

 セッションで、クライアントさんのなかで、心と体が
バラバラな方もいます。
そこを繋げるセッションをしてるわけですが、
体のもつ力って、すごそうです。

 この話、対照的ですよね。
常識を越えてしまう行動のカンガルーと、
狭い考えの長老。
どれも人間が経験することのようです。

 ここ1年ほど、クライアントさんと接して自分の感覚、考えを
大事にするようにというメッセージはよく来ます。
そういう節目の時代ですもんね。
常識なんて言われてるものも、常ではありませんし。

 私はこの踊るカンガルーの話が大好きなんです。
このカンガルー、朝になって捕まり、
殺されるのかもしれないと分かって、心のなかでいうんです。

「ああするより、しかたなかった。ぼくは後悔しないぞ」

 あっぱれです。
いい境地です。
思わず、こちらも読んでいて、「うんうん」と、うなづいてしまいます。

 体の声を無視するほうが悲しい悲しいことです。
体は子供、心は親っていう一面もありますので。

 今の日本人は真面目で、発散の場がなかなかないので
いろいろ溜まりやすいでしょうね。
カンガルーのようにダンス、するのもいいですね!
煮詰まってる時はだいたい、腰が重くなっています。
お勧めは、ズンバですね〜。
ズンバのリズムは陽気です。
オイルや、お香、塩でお浄めもいいですが、たまには、
陽気なリズムでスカっとするのもいいです。

 





posted by すもこ at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 精霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

蛇神様


 こんにちは。

 蛇神様と縁をいただいてるんですが、なかなか
難しいです。
当たり前ですよね。(笑)

 やっぱり、あ〜ハイヤーセルフがしろって言ってるなて
いうサインは従ったがいいと思います。
先日も、出不精なのに出かけないといけなくて、それも、
ハイヤーセルフから行け、とサインもらってたので、
生理初日の暑い日にがんばって出かけました。

 そういうときは意識変革・脱皮の時期であったり、
謎解きをしてもらえる時期だってことを
やっと気づきましたよ!

 夢、耳にした言葉、気になる言葉、など繋ぎ合わせ、
蛇神様の謎も、一つまた明かされました〜〜〜〜。
これがやっぱり面白いんですよね。
さすがといいますか。
やっぱり、という感じです。

 はは〜ん!そういうことかって。
一人で(*´Д`)ハァハァ鼻息荒くしてます。

 最近、いろんなメッセージが降りてきて、書きたい気持ちはいっぱいですが、
なんかあるんですよ、消化時間といいますか、ベンチタイム。

 メディスンにもよく出てきますが、
気になる夢、言葉、などは書き留めておくといいと思います。
知りたいと思うことは、必ず、明かされていく仕組みです。
ガイドたちはそうして、いろんなサインを出してくれるので、
それを繋ぎ合わせるのが肉体をもった私たちのお楽しみですよね。

 蛇神様に限らず、ガイド霊、ハイヤーセルフ、
みなさん、こちらが宣言することは聞いてます。
アボリジニたちも、精霊、先祖霊などに見守られて生きてたので、
不安などなかったそうです。
また、見られてる聞かれてると思うと、自然と姿勢を正しますよね。
方向を間違ったら必ず、教えてくれますし、
ありがたい話ですね。

 話がまとまらず、次回へ続きます。すみません。('Д')
 


 
posted by すもこ at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 精霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

死ぬとき


 こんにちは。

 ここのところの学びが大きくて消化するのに時間かかりました。
まだまだ未熟者です。

 先月、知り合いの得度されて修行に励まれた方が亡くなりました。
お祈りのために、合掌すると、瞬時に彼が肉体を離れるときの
ビジョンと声がきこえました。

 「思っとったより、すごか光ばい、すごかぁ!!!!」
(長崎弁です)

 衝撃とも思える大きな光が彼を包み、すごい体験されたことは
わかりました。
しかも、それを知って生まれてるわけなんですね。

思ってたより、ていう。
この方は病気で亡くなられたんですが、お告げどおりの時期に
旅立たれました。
お山へお祈りにいって念仏をあげられる、その声に、
母は感動し涙がでたそうです。
その生き様。


 私たちはもしかしたら逆さまの世界に住んでるかもしれません。
苦しいときにあきらめず心を立てていくほど、光が
大きくなるのではないでしょうか。
それなら、苦しいときほど、「キターーーー」なんでしょう。

 苦しいときは重く、引っ張られ、そういう気分にならないのが、
ミソなんでしょうね。

 その時のために、やってみようという気持ちです。

 そんなトリッキーな世界に生きてる私たちをユーモアで
笑わせてくれたり、寄り添ってくれるのが動物かもしれません。
今日も、暑くて沈みそうでしたが、ベランダにきてくれたカエルが
暑さとばしてくれました。
来てくれてありがとう、本当にそう思います。
夏だもん.jpg

 




posted by すもこ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月10日

シンクロニシティの龍


 こんばんは。

 私はアボリジニをふくめた、オセアニア神話から、
母は別のルートから調べてて、お互いほぼ同時に、
龍にいきつきました。

 やっぱり、ここにもどるんだね、という感じです。

 でも、それだけでなく、半人半魚・トカゲ・蛇など、
そういう存在がやたら近くに感じるのです。
もしかしたら、夢のなかででも、繋がるかもしれません。
そのときにすんなり繋がるように準備されてる気もします。

 こんなこと書くとまた変人って思われるんでしょうね(笑)。
もう隠しません!

 なんてったて夢の遊び人ですもの、極めてなんぼですよね。

 かつて知っていたことも、刻々とエネルギーが変化してるいま、
もっと深くつながることもあるんです。

 ほんと、謎解きに生まれたんだなぁと思います。
かっこつけすぎ?でしょうか。

 私の東の位置のメディスンはハチドリ。
テーマは美と喜びそして、二重謎を解くとされています。
これを思い出して一人で鼻息荒くしてるんですよ〜。
(東ってメインになりますから)

 ここに引っ越してきて、かなへびに目覚めて、よかったです。

 すべてがストーリー、私たちも、いわゆる、
ドリームタイムにやっぱり住んでいるんじゃないでしょうか?
ドリームタイムは原始のことと書かれてますが、私は、この文明で
おかしくなる人類のこともストーリーの一部だととらえてます。
だからこそ、自分のやれることをやろうと思うのです。

 どうしてこんなに不思議なことが奇妙になってしまったんでしょうね。

 水木しげる先生は電気があまりにも普及したのも一因だと
本で書かれてました。

 「うしおととら」も大好きです。

 話はそれましたが、蛇人間に会っても驚かないように
しましょう!!!

 朝一で、出会うトンボ。意味深〜。
(イリュージョンという名のメディスン)
トンボって龍だったんですよ〜。

龍.jpg


 



posted by すもこ at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

遊ぶ魂


 こんにちは。

 ちょっと謎めいたタイトルですよね!
上海で活躍してる友人の一人が、カッサ師なのです。
ほんとに腕がよくって、何人弱り切った駐在サラリーマンを救った
でしょうか。

 彼女に中医を習ったことがあるんです。
おもしろいんですよ〜。
眠る間は魂は心臓にいるべき、とか。
あと、臓器によって時間帯があったり。
そこで、結構衝撃だったのが、遊ぶ魂「遊魂」
これ、夢見する人のことらしく。(笑)

 彼女「色つき、はっきり夢をみていると遊魂ということになり、
肝臓に負担がきます」と、さらりと説明されて。

 私「え?え?みんな色つきで、覚えてるんじゃないの??」

 彼女はいつものようにニヒルに?笑うだけでした。

 結構、落ち込みました。
なぜか、、、というと、私は寝ることに逃避する癖があるからです。
地球イヤイヤ病なので、寝る時間が唯一ほっとする時間なんです。

 これを封印するのか、と悩みました。
そして、地味な生活をしてるくせに実はかなりの夜遊び人
だという現実と向き合い、腹をくくろうと自分に話しました。
逃げるはやめよう、と。

 なんて、そんな簡単にいくわけないですよねー。

 思い返せば、朝になって、すとんと体に戻ってきた感覚が
あったり。
体抜け出して、かつて住んでた地域を見に行き、後日、
見たとおりに新しいアパートが建ってたのを知ったり。

 ま、みんな不安などあったら、抜け出して下見に行ってると思いますよ。

 そうして遊魂やめます宣言したんですが。
夫婦喧嘩をして、いつものように消化できないので寝ちゃおうと、
のび太のように布団にもぐりこんで、数秒、
目の前に部屋のドアがあって、立ってる景色なんですね。
おかしいぞ、と思って、まさか遊びにいくのか!と
思った瞬間、意識を消されました。

ヤラれたーと思いました。

 今はあきらめています。
夢の中のほうが忙しいですし、やっぱり、必要なことも
あるようなんです。
メッセージを受け取るのも夢も多いですし。
現実逃避する回数は減ってきたのでいいかな、と。

 そういえば、中医の腕のいい中国人女医に、
「あなた夢はっきりみるでしょ」と言われました。
それも人間のもつ特色みたいなもんですよね。
彼女は瞳の奥を見透かすような能力をもってましたよ!
私の子供の瞳は、いい、と、ほめてくれたのがうれしかったです。
私の子、やたら上海で目を褒められてました。

 私は遊びをきわめて、ドリームタイムと繋がろうと決意しています。
がんばります!
かぼちゃ姫.jpg


 




posted by すもこ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

宇宙の叡智、アボリジニ


 こんにちは。
導かれるままにアボリジニのDVD見ました。
細胞が震えるようなエネルギーで、よかったです。
メディスンの解読ヒントもありました。

 本ではなくてDVDだったから良かったことは、
彼らに叡智をもたらした精霊たちの波動を感じることが
できたからです。

 彼らの伝説どおり、やっぱり、聖なる岩には聖なるものが宿り、
それは人間の形とはいえない、独特の気配をだしていて、
不気味なようでもあり、引力を感じます。
なぜ、不気味に感じるか、それは時空を越えるからだと思います。
高次の光や、こういう時空て、それなりの状態でつながらないと
危険でしょうね。

 私がハートのエネルギーの流れる聖地へ行ったとき、
水の流れのなかの岩に触りました。
私のなかでは、昔からこだわりのようなものがあって、
岩は水に濡れてこそ美しいと思うのです。
濡れてる間、内面のものが表へでる魔法のようです。
もちろん、磐座も大好きです。
岩に触れたとき、巳様と声がしました。
やはり、巳だったかと妙に納得しました。
蛇と水、川はセットですもんね。

 なので、岩に宿る精霊の存在は物語というだけでなく、
リアルなことだと思います。

 そこに触れて時空を越えて、ドリーミングの世界と
繋がること。それが使命のようなものかもしれません。
地球嫌いだった私がやってみたいと思えるようになるとは、
本当に成長したと思います。

 アボリジニの描いた絵を載せます。
ワンネスの波動ですね。
愛と尊敬。
彼らの波動を感じると、変に傾いてた軸がまっすぐなるような
感覚です。
ネイティブアメリカンも、アボリジニも、土着と言われる
民族は悲しい歴史を経ています。
私はこうして日本人として生まれているので、私らしく、
叡智に近づく道を模索したいです。

 まだアボリジニ、宇宙の叡智の話は続きます!


絵の出典は、DVD「AUSTRALIA'S ABORIGINES」
National Geographic Televisionです。


アボリジニ.jpg
 
posted by すもこ at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 宇宙の叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

私たちと繋がっている天使たち


 人生の転機って振り返ると味わい深いですよね〜。
何度でも味わえます。人生の扉です。

 私は上海で出会うべき人たちと出会いました。
そこでディクシャギバーになり、アデプトを受け、DNAリーディングも受け、
エネルギーを整理できたと思います。


 今の思考回路とは違う自分のこともよく覚えています。

 一回では書ききれないほどいろんな経験をしたのですが、
そのなかで、一番お伝えしたいのは天使のことです。
私の転機を手伝ってくれた方とのセッションは本当に素敵な思い出です。
彼女からのディクシャで本当にめまぐるしく思考が変わっていくのは
わかりました。
その二回目ほどでしょうか。
エネルギーを入れてもらって、横たわっていると、
明らかに高次の世界と繋がりだすんです。
そこでは、らせん階段に可愛い感じの羽根のついた女神ぽい
天使たちが大勢いるんです。
私を彼女たちを見上げ、理由もなく、罪悪感のような、
恥ずかしさを感じ泣いていました。
美しく高貴な彼女たちと比べると自分が惨めたらしく、情けなく思えたのです。
彼女たちはエネルギーで伝えてきました。

「やっと繋がれる時がきたの。
私たちは仲間なの。さぁ、早くここにきて」

 彼女たちは私たちと仲間でしかも待ってたそうなんです!

 今の私だと、微笑むことができるでしょうが、当時は
ほんと、大泣きしました。
私には羽もないし、こんななのに?と戸惑う私のことは
想定内のように、微笑んでエスコートしてくれました。


 セッションしていただいた方も、その波動を感じたそうで、
涙を流していました。

ああ、絵を描ければここでお見せできるのに。
ドリーンバーチューさんの「願いを叶える77の扉」
まぁ!扉でリンクしてたんですね!
この表紙の雰囲気に近いです。

 生まれる時に記憶を消してるわけで、
情けない自分がなんと、そんな存在と同じだったの!?という
思い出す過程も、結局、快感なんだと思うのです。

 最近はすべて快感だという結論ばかりになってますが(笑)。

 まだまだ旅はこれからですね!
それぞれの人が人生のテーマにそって必要な天使やマスターと
繋がっているそうです。
私も精進して、どんな天使と繋がるか読む、天使セッションを
いつかできるようになりたいです。


 




posted by すもこ at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンネスの感じ


 こんにちは!

 妙なタイトルをつけてみました。
今日は久しぶりに仲間たちと遠隔での瞑想会を楽しみました。
エネルギーを感じる時間は数分でしたが、内容が深く、味わい尽くしてる
間に1時間があっという間でした。
最近、1時間がおかしいくらい、早い。

 初めて大地からメッセージ受け取りましたよ〜〜。
うれしいです。ナウシカ気分でした。
瞑想会、私はあえて自然のなかで参加してみたんです。
大地からのメッセージの間、空中では蝶、トンボ、アブ、いろんな
生き物が飛び交い、風が吹き、モザイク模様のような風景でした。
メッセージが終わると、ぴたり、です。
さっきまでの風さえもなく、静かになりました。
まるで帯のようにエネルギーが通過したようです。

 メッセージは、
「蝶のように風に向かって力をだしきりなさい。
そして力とは大地に繋がることです。
怖いことがあろうが、ここにいつでも戻りなさい。」

 蝶は風グループのメディスンです。
変容、そして風はとらわれない意識・概念です。

 ここ2年、周りの自然を観察してきて、社会の原型があるなぁと
感じています。
気配を完全に消してしのびよる蛇。
それぞれが好きなように交差する虫たち。
静かに虫がくるのを待つかなへび・カエル。

 もしかしたらと思うのですが、
球体を外から内へむかうプロセスのようなんです、ワンネスって。
外側は好奇心でなんとか越えられます、一歩内部に近づくと、
恐怖・不安・心配のある領域で足踏みしてしまいます。
そこにとどまり続けるほうが実は惜しいことで、
あとはハイヤーセルフに身を預け、もう一歩内側へ進むと、
そこはワンネスなんだと思います。
そのプロセスを日々、行ったり来たり。
最近では必ず、快感かどうかという基準で見てしまう私ですが、
やっぱり、快感なんでしょう、ネガティブが光への溶ける感じ。

 私も師に3回言われたことがこれですね、
「ハイヤーセルフを信じろ」
面白いんです。これ、節約下手の私が切り詰めようとすると、
必ず言われるんです。
私の場合ですが、切り詰めようとすると私の持ち味が
でないのではないでしょうか。

 ワンネス球体については次回に続きます!
お楽しみに!
 thank-u butterfly.jpg
 




posted by すもこ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

満月妄想


 瞑想とかけて、妄想としてみました。

 今日は満月なので張り切ってヨモギ狩りしました。
先日、蛇がでたので、思い切ってできませんでしたが、
大好きかなへびとは戯れることができました。

 この辺では私ほど、かなへびと目を合わせ、至近距離で
顔近づける人間はいないと思います。
ここ2年ほど彼らを観察してみて、実はサポートしあう生き物だと
感じてます。
2、3匹での行動も珍しくありません。

 今日も、ヨモギを切ってたら、二匹ひょろひょろでてきて、
かなへびらしく、警戒停止してました。
(一気に逃げずに、しばらく様子をみる行動)
あらら〜とか私は楽しく会話してたんですが、かなへびにしたら
どう切り抜けるか命がけですよね・・。
そのうち、一匹が妙に遅いスピードで目立つところを通りました。
これ、陽動作戦のようなんです。
これ見よがしに私とアイコンタクトしてきました。
もう一匹のことをそんなにも大事にしてるんだね、とじ〜んときます。
私もいつか仲間だと認知され、そんな陽動作戦の協力要請されたい。。。

 また別の小さなかなへびは、あわてて草むらから飛び出したものの、
隠れる場所がないアスファルトのほうに飛び出たために、
「うううううう」と言いながら、やがて決断し、
元の草むらのほうに戻りました。
その顔がたまらなく、可愛いのです。

 ところで陽動作戦の陽は、「見せかけ」という意味があるとか。
そう思うと、昨日の、生と死、この世と夢の世界、意識と無意識のように、
陰と陽、どちらがどうなんだろうと不思議な感覚になりますね。

 私の経験からすると、テレパシーの強い人ほど、気づいてない
ことが連想されてしまいます。
どうやら、その人の無意識の発信に意識は気づいてないというケース。
テレパシーでは
「あ〜〜私、不安だし、ね、横に座ってくれない??」て
激しい想念を発しているのに、本人は知らん顔してました。
私はお人よしなところがあるので、応じてしまうのですが。
できれば、自分が不安なんだって自覚してるほうが、
ベストな行動・選択ができるでしょうね。

 その点、子供のテレパシーは可愛い!
ハートがそのまんま送信されてきます。
「また会えたね♡」とか。
純粋に再会を喜んでてこちらも共振します。
ずば抜けてテレパシーの強い子がいました。
今はもう遠くに住んでいるので、どうなったのかわかりません。
ああいう子がどんななるのか知りたいですね。

 あ、ちなみに、こんな風に語ると私もさぞかし
テレパシーの達人のように思われるでしょうが、
変わった周波数に住んでいるからか、そうでもありません。
というより、私はちょっと助べえなところがあるので、
ピュアな心のひとにはまずかないません。
ピュアな人ほど謙虚ですし!

 明日も、かなへびとの会話を楽しみますぞ。
トカゲ類は松果体が発達してるんですって!さすが。
こちらが平和な心であれば、わりとかなへびたち、黙って見返してくれます。
大人しいかなへびなのに、扱いの荒い子が近づくと瞬時に威嚇したりとか。
おもしろいですよね。
(なのになぜか写真はカエル・・・)
amagaru.jpg
 




posted by すもこ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | テレパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

存在の影響力


 こんにちは。

 なんだかすっきりしないまま7月の幕開けです。
なんでだろう〜と重さを感じてましたが、さっき、
すっきりしました。上がりました。

 人は見えないところで絡んでいて、助けあってるんですね。

 生も死も、夢も現実も、どちらがどちらなんでしょう。

 スピリチュアルな感覚の友人が、
亡き祖父と夢のなかで出会って話して、かつてのようにバラを
みせてくれたりしたそうです。
起きた時、彼女はどっちが現実だったのかわからなかったと
話してくれました。

 アセンション後、どんどん、生と死の境がなくなってるような
感覚ありますよね。
それだけ、無意識の世界の影響も大きくなってるわけですよね。

 私が引き受けるからと早くに逝ってしまうことを決断するのも、
 私が残って頑張るからという決意も、
 どちらも本人の意志なんですよね。

 しつこく残る感覚は何かのサインだと思うんです。
それを受け止めたらスッと上がっていくんじゃないかと思うんです。
ま、その上がる感覚がまた地球の面白さなんですけどね。

 子供のころ、5歳くらいか、鳥肌たった絵本があるんです。
思い出すと笑ってしまうんですけど、
海の魔女が海で亡くなった魂を箱に閉じ込めてたんですが、
なんやかんやあって、魔力がなくなり、箱が開いて、魂たちが、
喜んで上がっていく場面。
「これだっ」て思った自分がいました。
今でもその絵が焼き付いてます。

 海底って無意識ぽいですよね。

 なんの絵本だったんだろう・・・。
鳥肌たってる子供・・・・。(笑)
この手の快感て、もしかしたら最高の快感かもしれません。


 海底といえば、昔、海の意味わからん生物になってすごい
スピードで泳ぎまわってる夢をみました。
周りにいる生物も、何に似てるともいえない生物たち。
それが後日、図鑑で、そっくりな絵をみたんですよ〜。
遠い昔のころの海だって。

 私たちはいつだって成りたいものになってきたんじゃないでしょうか。
だからでしょうか、虫の「むつんばい」を見ると自分みてるようです。

 さぁ地球を体験し尽くしましょう!
存在の影響力を感じてみましょう。わくわくするような宣言してみましょう。


 そんな今日にぴったりのマントラ、ご覧下さい。
歌は知っていましたが、この映像美と、ともに波動が倍増されて、
静けさのなかにひたれる仕上がりになってます。
すごいですね。

https://www.youtube.com/watch?v=UqTc8kq0xCA&index=1&list=PLNa-IXynZ4--cmeTdGUVEzg_QjySk_qsE

 
 
posted by すもこ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする