2015年09月30日

今日のスピリチュアルメッセージ マリア


 こんにちは。

 いつも読んでもらってありがとうございます。

 月の影響で解放を迎えてる人もいるようです。
解放って、意志でできるものじゃない気がしてます。

 こないだ、私の10年以上もの、年月を経た痛みが、
解放されました。夢といいますか、ビジョンで。
しかも、アメオオイルに見つめられながら。
やっぱりアメオオイルてすごいんだなぁ。
ハイヤーセルフが全部やってくれた感じですね。
こんなことあったやろ、
あんなことあったやろ、
で、これなんよ、て感じです。
心の奥の奥がねじれるように痛くなって、顔をゆがめて
泣いていました。(ひどい顔だったはず)


 うちの主人も解放そして転換を迎えてますので、
ここ数日はしんどいです。
パワーが大きいひとほど重いっ。
あとはハイヤーセルフにお任せするしかないですもんね。

 自信がもてないって、よくあるフレーズですよね。

 自信をもてば解決するという幻のトリックだと思います。
パワーのある人が早々に自信なんか持ってしまえば、恐ろしいです。
自信という波動がちょっと違ってきてるのかもしれません。
自分を信じることが難しいければ、身の回りのサインを読み解いて、
そこからハイヤーセルフの意図を知る方が近道だと思うのです。
自信というのは、つまり、確信なんだと思います。


 私の人生に影響してる映画、「サウンドオブミュージック」で、
私は自信という英単語を覚えました。(´∀`)
この映画もまたシンボルが多いの!
奔放なマリアは、奔放な性格だったわけではなくて、自分の
エネルギーに正直だったんです。
でもそれはシスターには天使にも悪魔にも、見えてって歌われます。
奇異な感じに写ったんでしょうね。

 マリアは修道院を出て、
トラップ一家へ家庭教師をとしていくことになります。
その時の、シスターたちの歌は母性そのもの。

「どんな山も登りなさい」

 マリアは新しい世界に向かう途中、必死で歌います。
「I have confidence」 confidence が自信です。
どこにそれを見出すか。彼女は太陽、雨、自然のサイクル、そういう
ところに自信を見出して、勇気をふるいおこしました。
自信をもつというのは、自分の能力の証明ではなく、
怖いけれどやってみたい冒険へ立ち向かう強さや、勇気だと思います。

 何が好きかって!
マリアは不安な道中、この歌を歌いながら、めっちゃ
幸せそうな楽しそうな顔になるんです!
これぞ、人生というミュージカルではないでしょうか。

 トラップ大佐への反発、戦争、亡命、そして歌う喜び。
エンディングに流れるシスターたちの応援歌、
「すべての山を登りなさい」

 たまらんです。

 出会ったのは中3でしたが、こんなに今でも
私の心を響かせてくれる名作だったとは予想しませんでした。

 主人にも見せたいところですが、
パワーあり、知恵あり、プライドありの人なんで、
マリアみたいに、歌えば笑顔、上向き、ハハハなんて
簡単にはいかないんでしょうね。笑。

 どうしよう。
明日もサウンドオプミュージック語っちゃおうかなぁ。

 ちなみに、その映画の挿入歌で有名なのが、
「Do Re Mi 」
これについてはyoutube で歌えるようになろうと子供と
やってます。
https://www.youtube.com/watch?v=I9emJB1b-U8

 自信をもつのではなく、勇気を星空にみつけて、
そして自分のなかにも見つけましょう。
マリアみたいに!


 ご自分のエネルギーについて知りたい方、
アメオオイルを嗅いでみたい方、
サウンドオブミュージックを語り合いたい方、
大歓迎です。(´∀`)


 
 
 
NCM_4985.JPG




posted by すもこ at 14:28| Comment(2) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

スピリチュアルメッセージ アウトランダーと火


 こんにちは!

 月のエネルギー強かったですね〜。

 ご存知ですか、英米合作ドラマ「アウトランダー」。
私はコテコテのアメリカドラマが好きなので、このドラマは
警戒しながら見てます。結構、残酷なシーン、エログロシーンありです。
主人公のクレアは、スコットランドのストーンサークルのところで、
18世紀にタイムトリップしてしまうという話です。
そこで彼女が結婚したのはスコットランドの戦士ジェイミー。
彼女の現実での旦那は、ジェイミーの敵であったイングランドの悪名高き
ランダル大尉なんですね〜。
この絡み方はとっても地球的でおもしろいですね。

 今日は主人公クレアが、夫ジェイミーに注意されました。
当時、人前で奥さんが夫になにか提案したり、促すことも無礼だったんですね。
クレアの発言は的を得ていたのですが、
ジェイミーはクレアに注意して、クレアも私も(!)憮然としました。
そこで、ジェイミーが注意したあと、最後に言うんです。
「俺の時代なんだ(My time.)」
この、言い方が非常に良かった、ブラボー!
まるで、「今の俺を手伝ってくれ」という感じ。
ジェイミーはクレアが未来から来たことももちろん知ってます。
 
 ジェイミーはクレアが勝気であることは気に入ってるんですね。
こんな言われ方したら、微笑みたくなりますね。
もちろん、クレアは受け入れました。

 日本人の多くはプレアデスでの経験があるスピリットだと
思います。
ムキにならずに、プレアデスの叡智を今の地球に合うようにしていくのも、
大事なんですよね〜。

それも、火、かなと。

 蛇メディスンは、火だそうです。
その解説に噛み傷とか、毒とか、錬金術とか、激しい単語が並びつつ、
癒しという言葉もでてきます。

 マヤ暦でいくと、
青い嵐が火の力。
赤い月が水の力。
イメージでいくと、青い嵐は志のために立ち上がる火。
赤い月は誰かのために立ち上がる火。
相反するエネルギーでもあり、私の主人が赤い月、子供が青い嵐を
もってるんですね〜。笑。

 スーパームーンの夜に見た夢は少しでしたが、
火の夢でした。
疲れきっていたのですが、夢のなかで、呼ばれて、
無意識の沼に沈んでいた意識がずるりとでてきて、ろうそくに火を灯し、
それなら起きてお灸でもするか、と目が覚めたのでした。
火とは、意識と無意識の変換器のような、次元と次元のシグナルの
ような役割もあるのかもと思いました。

 そのあと、結局、起きて主人にもお灸「テルミー」をしてあげました。
テルミーは、医者だった伊藤さんが人々の健康のために断食瞑想して、
不空羂索観音菩薩からその知恵を頂いて作った棒状のお灸。
なので、テルミーの熱をあてると、体のオーラのおかしいところが
わかるんですよ〜。
やっぱり、癒しには火、かもしれませんね。
以前、出張に行って、おかしなものを憑けて帰った
主人の体に触れるのも、この火があったからこそ、立ち向かえました。
あの心強さは今でも忘れません。

 そのテルミーも本来の力はもっともっとすごいんだそうです。
私たちの使い方受け取り方次第だとか。

 長くなりましたが、冷え予防していきましょう。

 
 woods.jpg



posted by すもこ at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

スピリチュアルメッセージ 白い鏡


 こんにちは。

 エネルギー高すぎて収集つきにくいです。
ここ二日ほどで見たビジョン全部かいたら、あちゃーΣ(゚д゚lll)と
言われてしまいそうです。

 昨日は森のなかを案内ボランティアの方々と散策。
どこにいっても変人だとか言われ続け、一人で虫たちと遊ぶのが
普通のこととなっていた常識が覆されました!
いつものように一人で、生物の気配を感じ、見つけ、ニヤニヤしてると、
ボランティアの方が「え、なになに」と知りたがるのです。
いつもは誰もこない周波数のなかに他人がいる!みたいな。
最後は、「なんで見つけられるのか!」と驚かれて褒められて
しまいました。
自分でも、私はいつの間にか、人間と離れ小さきものを愛する
あまり、なにか研ぎ澄まされたのだなぁと確認しました。

 日当たり、湿度などの関係で、小さきものたちの多い気配、
少ない気配がなんとなくわかるんです。
小さきものたちが多いほどワクワクしてくるんですよ!
 
えっへん。

 あまりの心地よさに、ここはプレアデスですか?と
尋ねそうになりましたよ。笑。

 これからも自分の道を突き進もうと思います。

 今日のメッセージは「覆される」で行きましょう!

 見たビジョンのことをいろいろここで話したいんですが、
今日は違う!とハイヤーセルフからキツく言われるので、やめときます。

 こないだからの、リンゴ謎解き。ギリシャ秘教の二大女神。
(詳しくは、http://sumoko.seesaa.net/まほろばの女神で!)
デメテル、コレー、セレス、やっぱり宇宙なんですね。
ビジョンでは青白い子馬が「そうだよ」とうるんだ瞳で答えてくれます。
なんかしら、乙女座と関連していくことばかりで、
感じるエネルギーは、今日は「アストライア」
デメテルと並んで乙女座のルーツである女神。
一人地上に残って人間に正義を教えようとした女神。

 このエネルギーはマヤ暦紋章でいえば、白い鏡!
そして昨日から強いエネルギーの月。
月も鏡も似てます。

 そして私の周りになにかと存在している白い鏡は、
自分の道をバランスをくずさずに極める黄色い人のサポートエネルギー
のような一面を感じています。
キンナンバーによって、その人のガイドキンも分かれるので、
一面と表現しておきます。
白い鏡の人が存在するだけで、この世の理不尽さが浄化されていく、
そんなエネルギーを感じるのです。

 浄化されていく大きな宇宙の流れのなかで、一場面の出来事の善し悪しを
決め付けるのは浅はかなことなんだろうなと思います。
というか、そうハイヤーセルフに言われてます。〆(._.)メモメモ

 放たれるものは、放たれていく、そういうものなんでしょうね。

 抵抗することで痛みが生じるのならば、今夜のスーパームーンも、
「いざ、放たれよ!」と宣言してみるのも、面白いかもしれません。

 やってみます。

アストライア.jpg
 





posted by すもこ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

今日のスピリチュアルメッセージ まほろばの女神


 こんにちは。

 朝からどんより天気でも、ケリはその声を響かせて飛んでいて、
珍しくもない鳥ですが、流れ、気を変える魔術師のようだなぁと
見入っていました。

 今日のメッセージは、
「あと一歩、今日もやろう」です。

 素敵な小説「アルケミスト」にも、「モモ」にも、
出てくるんです。
過去とか、未来ではなく、今、今日の一歩をやろう、みたいな場面。
過去をみると、「こんなにやったのに」ですし、
未来をみると「いつまで続くわけ?」となりますもんね。

 ハイヤーセルフに背中つつかれることないですか?
私は久々、つつかれるといいより、突っつかれて、昨日は
ちょっと疲れました。
私がハイヤーセルフでも、やるでしょうけどね笑。
「やれ」って。

 そこから、リンゴのシンボル読み解きの始まりですよ〜。
ハイヤーセルフのサインへの反応が鈍いと、激しくなっていくんです。
私の性格そのものかもしれません。
手応えあって、ひらめきに至ったら、ここでシェアしようと
はりきってたんですが、なんせ、リンゴ。
とめどなく広がり、そのうち、エネルギーの魔術師でもある、
ホロスコープ鑑定のfinite侑子さんのエネルギーも交わって、
タロットにも、行くし、金星、大天使の名前もでてくるわ、で、
未だまとまっていません、至っていません!
得意の快感も、まだなんです!〆(._.)

 今日は魔術師という単語を二回も使うとは・・・。
ちょっと不思議なエネルギー流れてるかもしれませんね。

 リンゴから始まって、
地母神、処女神、蛇神、ギリシャ秘教、月、金星、タロットの
女帝、法王と広がってます。
ちなみに、タロット法王の語源は、ギリシャ秘教の儀式の最高司祭ですって!
ギリシャ秘教がもう、ぷんぷん匂ってます。
そこに連れていきたかったのかな、ハイヤーセルフ君。

 ギリシャ秘教ですが、
地母神デメテルと、処女神コレーとでてきます。
地母神というと、やっぱり死と再生、豊穣。
処女神ってイメージつかみにくくないです?
そもそも、なんで女ばっかし、処女神とかまで言われるんだろうと
思いませんか。
中学生のとき、英語の教科書でタイタニックが処女航海てあって、
おいおい、大人たちよ、性に関してピリピリするくせに、
教科書に書いていいんかい?と疑問だったんですよね。

 処女は潔癖みたいなイメージで扱われることもあるみたいですが、
別に処女でも性欲みたいなものはホルモン作用として、
自然にあるわけですし。
結構、そういうとこに疑問を感じる処女でした。笑。

 大好きな下ネタに走りそうな自分を抑えつつ。

 ま、子宮は次元を繋ぐ不思議なところですし、
その参道に男のエネルギーが通っていないかどうか、ていうのは、
たしかに違うのかもしれませんね。

 ただ、ギリシャ秘教の匂いから感じたことは、
かつて地球に女神エネルギーを降ろした宇宙人たちは、
地球がプロセスとして男性社会になることを見越していたと
いうことです。
だからこそ、地母神、処女神などで、本来の女性性の
霊性に繋がる手がかりは残したんだと思います。
それはきっと、これからの創造に必要なエネルギーなんでしょうね。
ちょっと土臭いような、そんな匂いがします。

 若い頃、自分の好きな言葉を考えたとき、
とっさに、「五穀豊穣」ってでてきて、
なんだ、座右の銘みたいなやつのほうがかっこよくないか?と
考え直しましたが、その言霊が一番でした。
今も、「まほろば」という言霊は大好きですし。
穀物や、稲穂の黄金色というのは、もしかしたら女性性の霊性の
色かもしれませんよね。
(デメテルは穀物神、タロット女帝が麦の穂をもっていたり、
 聖母マリアも麦をもっていたりするそうです)
美しく、たくましく、豊かであること。
そして、一面に広がる稲穂の黄金色は、平和、和そのものですよね。
ああ、これで人間が争わずにすむ、そんな声が聞こえそうです。
和がないと、発展しない、そんな和の国ですね。

 さぁ、まほろばチャネリングしましょ!

五芒星.jpg
 




posted by すもこ at 10:23| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月24日

カルマが終わる時


 こんにちは。

 昨日のオチのない夢の話に、ズルっとなった方もいらっしゃるようですが。
たまにオチない話もいいなぁと楽しんでいる私です。

 日々、目にうつる景色がめまぐるしいといいますか、
夏日だと思えば、いきなり、冷え冷えとした晩秋のような景色。
今年は、かなへびの数も少ないです。

 そんなめまぐるしいからこそ、揺さぶられるものもあり、
それはそれでいいのかもしれないですね。

 レイチェルカーソンの名言のひとつ、
「知ることは感じることの半分にもならない」
この言葉は、まさに時代の岐路の今、ランタンのように
道を照らすんだなぁと感じています。

 なので今日のメッセージも、「感じて」ですね。

 そんな「感じる」ことで変化にも気づけます。
タイトルにも書きましたが、カルマが終わったからこそ、
わかることもあって、ほんと、ビフォーアフターの変化を
楽しみにきてるのかなぁと思っちゃいます。
エルグリーンのブログhttp://www.ellegreen.jp/page/5/
のほうで、夫婦間のカルマが終わった時の
話を書いたんですが、
それはやがて主人の親との関係にもいい波紋を広げてくれるんですね。

 先日、久しぶりに主人の両親がこちらへ泊まりにきて
驚いたんです。
私、すごーく楽しく料理してるんですよ!
そこには、料理上手と思われたいとか、いう雑念がなくて、
とっても静かに楽しく料理の手順どおりプロセスを丁寧にやる楽しさを
感じてる自分がいたんです。
もちろん、両親にほっとする空間と料理を提供したい気持ちは
ありますが、肩の力が抜けていて、エネルギーがするする流れていく感じ。
音楽がその人の波動を響かせるように、
きっと料理には私の無心のエネルギーが響いたと思います。
だって、静かに楽しかったんですもの!
そこには、相手もエネルギーを受け取るスペースができていて、
私も、それなら喜んで流しましょうよ!という素敵な無言の了解があって、
こんなこと初めてでしたの。

 人生ってまだまだわからない!
どこのタイミングで優しさの芽がでて、それが、
優しい風を呼んで、和が広がるのか、なんて人智越えてます。

 ノリが合わず、心地悪い思いをしたことも、
こうして汚れが溶けていった心地よさも、
どっちもなんですよね!
本当のきらめき、柔らかさを私たちは宇宙で知ってるのに、
地球に生まれる理由は、このビフォーアフターの快感のためですよね。

 なんていうんでしょうか、
ビフォーアフターを知ると、深い不思議な感謝の思いが
じわ〜っと湧き上がります。
嫌だった人のことも思い出もすべてを包んでいける、
そんな美しさのようなエネルギーがでてくるんですね。
ガッツではなく、「うん、私はやっていける、好きになれる」という
優しい活力。

 ビフォーアフターのためにも、私たちは感じて前進して
いくべきなんですね。
メディスンホイールの教えどおりです。

 これからも、気づきからのランタンをここで
灯して行きたいです。

 写真のお皿、そんな統合を思わせるような不思議な絵に仕上がりました。
子供ががんばって絵付けに挑戦しました。
蛇のようでお気に入りです。かなへびもいいでしょう?
 蛇.jpg
 



posted by すもこ at 12:46| Comment(2) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

今日のスピリチュアルメッセージ


 こんにちは。

 今日のメッセージは、「変化に気づく」です。

 うまく言えませんが、アセンション後は流れが変わったと
思います。いいことをすれば、わりと早くいい流れが起きたり。
一歩づつ、ちゃんと着地していかないと、ずるっと、
知らない渦に巻き込まれそうな妙な流れも感じています。

 夢の世界って、やっぱり情報の世界との繋がりの時間だと
思います。そこで、いろんなことを処理しておくような。
今朝は、母のルーツを教えてもらったようです。
スプルースオイル(マツ科)がでてきたり、母の旧姓は松が入ってる
やろ、みたいな気づきが促されたり。
スタミナのある古い木ですから、イメージでいくと、
マヤ暦赤い龍て感じでしょうか。
私は母の内面の変化を感じました。

 その後の夢では、
なぜか玄関前で机と椅子をだして勉強してたら、
強盗が来て、ナイフをつきつけられて財布を渡しました。
相手の顔を見てないですが青年なのは分かりました。
その後、被害者たちが警察を呼び、そこで事情聴取が行われるなか、
一人の少年が顔をだしたんです。
私は直感で、「この子、犯人だ」と思い、必死でしらばっくれました。

 というオチのない夢の話しでした。( ⊙‿⊙)

 
 
 
posted by すもこ at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

今日のスピリチュアルメッセージ メディスンの輪

 
 こんにちは。

 今日だけでなく、ここ数日のメッセージは、
 「Be open」です。

 起きていることにオープンになるのは、大事な一歩。
私が18歳の時からお世話になってる手相屋さんは、相談にきた
時間から、起きていること、流れを判断します。
なにか気になる言葉を耳にしたとき、
ふと、立ち止まったとき、
立ち止まりたくなったとき、
周りに起きていることにヒントがあることが多いです。

 起きている理由を決めつけず、なぜ、そこに気づいたのか、
メッセージがあるとすれば、なになのか、考えてみるのも、
おもしろいことです。
また、一日の終わりに気になることを書き出してみるのも、
いいそうです。

 さて、そんなキーワードをくれた「メディスンホイール」サンベア&ワブン著
 (VOICE)メディスンの輪、です。
 これは、ネイティブアメリカンの叡智です。
方角、時間、季節、色、こういう組み合わせで、生まれたテーマ、
そしてその時のテーマを汲み取り、前へ進もう、という織物のような、
マヤ暦のようないくつもの歯車のような、不思議な空気の漂う叡智です。
これと、自分のガイドメディスンを照らし合わせると深いんですよ〜。
(ガイドメディスンリーディングセッションへどうぞお越しくださいね)

 エレメントも、もちろんでてきます。
エレメントを、「ファミリー」と呼ぶのです。
宇宙で一つだったものが、分かれて存在している地球において、
それを一つにする空間をもつ。
これ、私のかなへび観察と似ていませんか!〆(._.)メモメモ

かなへびについて書き出すと止まらないので、やめておきますが。

 叡智というと大げさですが、輪といいますと、
いわゆる車輪のようなものですよね。
それを回すエネルギーこそが、人生における葛藤、悩みだと
私は思うのです!
どんなに葛藤しようと、しまいと、輪が動くことにこそ、
意味があるなら、葛藤万歳なわけですよ!

元気よく速く回転していくのをワクワクとみたい、
まっすぐ回すにはどうするか、考えて回したい、
回すよりも、輪そのものを知りたい、
好きなように地球でやってるんですよね。

 私はかつて、夢で過去世を見ました。
強烈なものの一つがアマゾネスです。
アマゾネスリーダーの私は、仲間たちとともに、
他の部族たちの攻撃を受け、全滅したのです。
その、死に際に、私は敵ではなく、自分を呪いました。
「必ずや必ずや、この恨みをはらしてみせようぞ」
そこで、パチンと目が覚め、ぞっとしました。

 怖かったですが見てよかったんです。
数年後、本当に人生に岐路といいますか、転換を迎えたとき、
それは重い葛藤の渦に引っ張られる自分と、
新しい扉へ進もうとする自分と、
そんな気持ち悪いエネルギーのなかでいました。
そこには悲しみやら、喪失感などの感情が鎖のように
ジャラジャラ付随していたので、体調もおかしかったです。
立ち止まるからこそ、どっちへ進むのかわからなくなってたと
思います。

 そしてまずは私が軽くならなければならないと気づきが
起きました。(これって守られてたわけですよね)
私が鎖をつけたままで、かつての仲間たちに償いをしようにも、
なにもできないわけですよ。
それどころか、家族に迷惑をかけてしまう。

 この苦しみは、アマゾネスの苦しみだ!と、ひらめいたころには、
新しい風を受け入れていました。
いや、新しい風が入ったきたからこそ、かもしれませんね。

 あの時の苦しみはぞっとしますが、
そのぶん、大きな輪を動かしてくれました。
そしてその輪は新しい出会い、深い充足感、
その先へと私を運んでくれたわけです。

 友達がブログをしています。
普段は、自分が見つけたコスメ、オーガニックスキンケア、アロマ、
など、アンテナ力抜群の彼女の説明を読むだけで、私は、
うっとりなってしまうんです。
今回、彼女は、過去の苦しかったことを書きたくなって
書いたそうです。
彼女の経験から得たもの、視点、そういうのが次の扉へと
続くと思っています。大きな大きな輪。
http://yu-long-charity.seesaa.net/
 私たちって物語をほんと楽しみたくて来たんですね。

 物語、素敵だよね〜て、お伝えできたら私はうれしいです。

  
surprise.jpg




posted by すもこ at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

今日のスピリチュアルメッセージ


 こんにちは。

 今朝、ベランダにでて、「あら、こんなとこに葉っぱが?」と、
取ろうと思ったら、カエルでした。
洗濯物はさみの中にいたんです。
エアコンの室外機の上でしたし、目線も近く、まるで、スナイパーのように
見られてる感あって、声を立てて笑ってしまいました。

 小さきものたちの存在感で、すごい。
これぞ、さかさま法則の極みではないですか?
小さきものたち、もちろん、赤ちゃんも子供もそうですよね。
その陽の存在感。

 レイチェルカーソンではないですが、
もし、この虫たちがすべていなくなったら、
希望、活力を失う気がしませんか。
「風が吹くとき」という映画化にもなった本がありますよね。
核戦争の果てに、ひと組の老夫婦が、励ましあいながらも、
ひっそりと衰弱していく本です。
あれ、なんとも言えない重さがあるのは、生きてる小さきものが
でてこないからではないでしょうか。
放射能が蔓延してるわけですから、鳥も鳴きません。

 ベランダにカエルが住み着いて、出会えた時もうれしいですし、
鳥の声は、天上のメロディーですし、
かなへびと、思わぬところで出会えた時の喜びも大きいです。
こないだは、垣根の木の高いところに、かなへびが休憩して
いたんですよ〜。
 
 虫たちは、日々、忙しそうに充実感まるだしで生きてるし、
蝶も、可憐ですけど、あれ、結構、ワイルド系なんじゃないの?
とか、私たちの五感を刺激してくれますね。

 今日のメッセージは、小さいものを感じてみよう、です。


 私たち人間の在り方なんかは、実は天使たちだけでなく、
小さきものたちから見られてるのではないの?と
思ってしまいますよ〜。
庭に住むかなへびは、人間の行動パターン分かってそうなんですよ。

 「気配、消しておけば、自分のことで忙しい人間なんか、
気づくわけない、って。」

 そう言われてそうです。
その彼らの常識を覆すべく、今日も、ひっそりと気配を消してる
彼らの周波数に入っていって、私という人間をアピールしていきますぞ!

 (今日は相当マニアックな内容になりましたね)

 sniper.jpg


 
posted by すもこ at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

今日のスピリチュアルメッセージ 「沈黙の春」


 こんにちは。

 今日は私のマヤバースデーです。
マヤバースデーの人と会うといいそうなので、ここで流れるエネルギーも
ふだんより、アップかも!?

 今日のメッセージは、何がどう転ぶかわからない、です。

 さて、そんなマヤバースデーの日に、どっぷりと、
レイチェルカーソンの人生を感じることができて、
ギフトだなぁと思います。

 人間の愚かさに直面することがとても嫌なので、
レイチェルカーソンの本は読まずに来ました。
で、なぜか、いま、彼女の人生を書いた本を図書館で手にしてみたんです。

 いやぁ。さすが、ハイヤーセルフ、やることが憎いっ。
この時期に、これを見せてくれたかぁ。
図書館や、本屋は、ハイヤーセルフとの距離の近まる
場所なんです。
必要な文字は向こうから飛び込んでくるので。

 レイチェルカーソンについては、私がいまさらここで、
熱く語ることはないと思いますが、なるほど!、と思うことを
書かせてもらいますね。

 当時、科学は男性の分野だと思われていた時代だったこと、
農務省も農薬を推奨してたこと、
生活のために苦しかったこと、
生きている間に、世界恐慌、太平洋戦争も起きたこと、
彼女の文学的才能とセンスによって多くの人の心をとらえたこと、でしょうか。

 「沈黙の春」は、その美しい文章によって、人間が本来もつ、
素直さ、本当の豊かさの共振を起こしたんだと思います。
戦うというイメージではないですよね。
この本も、「センスオブワンダー」も、まるで詩のタイトルですよね。
(沈黙の春、は、キーツの詩をヒントにしてるわけですが)

 それ以前にだされた本、「われらをめぐる海」においては、
読者から、
「この本は、人間社会のストレスや過労から解放させてくれます」
と、いう手紙をもらったそうです。

 かつて学校の教科書でほんの少しだけ書いてあったレイチェルカーソン。
「沈黙の春」という不思議な波動をもつので記憶には残りました。
教育で、かつての偉人、改革者たちが、
どんな背景で、どんなしがらみがあり、
どんな思いで決断していったのか、そこあたりを
含ませると子供たちも将来の不安、岐路に立たされたとき、
いいヒントになると思います。

 さて。熱く盛り上がってきましたが。笑。
実はここで終わらないんですよ〜。
私の得意なチャネリング&シンボル読み解きです!
偶然にしろ、そこにあるシンボルは何らかの意図のもと、
あることが多いのです。
そして、この本、「レイチェルカーソン」(ジンジャーワスワース著、偕成社)
最後のページに驚くべきシンボルを発見したんです。
なんと、彼女は、鳥の鳴き声のしない静かな春、どおり、鳥たちを
より心配していたそうです。
彼女が亡くなる頃、DDT散布により、3種類の鳥はアメリカで絶滅の危機に瀕していた
そうですが、1979年、人工飼育で育った3羽のハヤブサが、
飛び立っていったそうです。
その1羽に「レイチェル」と名付けられたと!

 ここで、ハヤブサ。
 そして、なぜか挿絵が、アオサギ。

 これ、もろ、エジプトやん!シリウスやん!

 ハヤブサといえば、ホルス、あの目って松果体を表すと
言われてるんですね〜。
そしてエジプトの不死鳥、アオサギ。
ああもう、波動だけで、鳥肌。

 とにかく言えることは、
この本、そしてレイチェルカーソンが残したエネルギーは、
まだまだちゃんと地球に残っており、新しいエネルギーと
融合し、またさらに、地球をよくする創造を生み出していくと、
チャネリングで分かりましたの!

 古い話ではなく、私たちはこれをヒントに、これから
創造していくわけなんですよ。
レイチェルの文学的才能が多くの共振・共鳴を起こしたように、
何がどう作用するか、人智を超えている領域です。
時代の枠にとらわれず、自分の心を泳がせてみましょう。

 どうでしたか。
一緒に興奮してもらえました?
私は一冊の図書館の本でこんなに興奮し、エネルギーを感じ、
こんなに熱くブログを書くとは思ってませんでした。
レイチェルはナウシカ、いや、精霊のような人。
彼女が地球に生まれた、送り込まれた背景には、それこそ、
ホルスのような強いエネルギーも感じます。

 ブログやってて良かったぁ〜。
マヤバースデーに、こんなに手応えある読み解きを
書けたのも、読んでくださる皆様がいてくださってのこと。
早朝、深夜、昼間、読んでくださるみなさん、ほんとに
ありがとうございます。
自分の感動、興奮をシェアすることが本当に好きなんです。

 これからも、私の、「センスオブワンダー」で、
エネルギー発信していきます!

 写真は、「レイチェルカーソン」(ジンジャーワズワース著、偕成社)
からのものです。


シリウス.jpg

 





 

 

 
posted by すもこ at 09:35| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

今日のスピリチュアルメッセージ


 こんにちは。

 今日は「ガスが抜ける、解放」のようです。

 ガス、まぁ、心身のガスですね。

 目に見えないバイオリズム、自然のリズムを感じるのが
どうも好きみたいです。
感覚がおかしいというか、原始的なのかもしれません。
五感の先にある聞こえる、聞こえない音のようなものに
集中してるときは幸せだなぁと思います。

 バイオリズムといえば、喧嘩も、ほんとバイオリズムの
落とし子?ですよね。

 喧嘩も、解放といえばそうなんですけど。

 かつて、愛犬が、夫婦喧嘩をしてもいないのに、
喧嘩をみてるような態度、困ったような顔を数分、
したことがありました。
夫婦でその様子をみていて、

 「へぇ。私たち喧嘩するかもしれんねぇ」

 そのときは、喧嘩の要素も、気配もなかったのに、
前触れも、愛犬の必死のメッセージもまったく役立てず、
その30分後あたり、喧嘩勃発しました。。。。

 アホな話です。ごめんね、すぅちゃん。

 かなへびも、気温が下がる前から、眠りに入りますから、
虫や、動物って、賢いです。

 ところで、かなへびの紹介です。
かなへびの魅力の一つが幻想的だということです。
草や、つるの間をするする移動する様は、サーカス。
また、別の一面としては、雑貨屋。
かなへびが、そこに現れるだけで、周りの葉も、
枝も、秋のイノブン。
それを伝えたい!と思って今日、写真を撮りました。

 かなへびを通してみる自然のものは、どれも、おしゃれに見えて
しまうんですよ〜。

雑貨屋.jpg
 



posted by すもこ at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

今日のスピリチュアルメッセージ


 こんにちは。

 昨日の夜はちょっと重かった気がします。
今朝は、そうですね、落ちそうで、でもなんとか上向き、
そんな感じです。

 私はブログを始めてよかったぁ〜と心から思うことは、
かなへびの写真、生き物の写真を載せられることです。
写真が趣味ではないですが、生き物を写すのは好きです。
人間と違って、生き物は本当に輝く瞬間がわかりやすい気がします。
人間だと照れや、言葉なんか使うからややこしいでしょう?

 どうやら思い返せば、私は、おたまじゃくし取りが人生の転機?
になってるかもしれません。
小4のとき、遊びにきた友達を送りがてら、田んぼに、
でっかいおたまじゃくしを見つけ、取ろう!と興奮し、
19時過ぎまでやって、両方の親がうろたえるという事態を起こしました。
夢中になって取って、さんざん満たされたからか、「やばい」とは
思わなかったのを覚えています。
暗いし、いったん私の家に帰ろう、と。
家に友達のご両親も来てるし、警察だった父が出勤前で、
制服で険しい顔をしてるし、あの光景は思わず、「へぇ」と思いました。

 私も親になってみて、いろんなこと(自分の親の苦労)
がわかるようになってきたんですが、この夜のことだけは、
なんか腑抜けてるんです。やりきった感があったのからかなぁ。
お腹空いてる、とも、疲れた、とも、なく、無心でした。
たぶん、すごいアホな顔してたと思います。
おまけに、その後、
しらっ〜とした空気のなか、一人でご飯を食べ、宿題を
してるとき、うたた寝してるんです。
その当時、夢遊病のようなことをしていた私。
そのまま、一階まで行き、母に寝言で、「おたまじゃくし〜の〜」とか
話してたんです。
(目は開いて、意識も少しあるのですが、体は眠ってる状態)
アホすぎる、と気に入ってるエピローグ(?)。

 前置きが恐ろしく長いですが、
一回目の、おたまじゃくし事件で、私がイっちゃってるのは
明確になりました。
もしかすると、マヤ暦でいうところの音11の開き直りから
始まる次の扉みたいな?
二回目、子供と、おたまじゃくし取りをする年齢になり、これまた、
私が一番夢中になってしまうのです。
そのとき、分かったんです、
私は風になりたいって。
自分の気配をけし、景色の一部になると虫や、おたまじゃくしは、
普通の動きを見せてくれます。
それが最高の快楽。

「肉体を持ちながら、我、風になっとる!」

 伝わりますか。
自分を持ちつつ、自分が拡大していく感覚。
ワンネスといえば、そうでしょう。

 でね、なにかというと、その両方を三次元で
味わうことって、深いなぁ〜って思うんです。

 私たちは肉体を持たないスピリットの状態では、
木も、人の温もりも、ワンネスとして感じるだけで、
それは平和で静かな世界なんですが、そのうち、そこを
飛び出してみたくなるらしいんです。
分離して、木を触ったらどうなんだろう。
人の温もりって、どんなんだろう。

 で、その快楽は、かなへび観察に受け継がれています。
(おたまじゃくし取りはあんまりしなくなったんです。)

 こういうことを考えながら、今朝は、かなへびを見ました。
私が風であるとき、彼らは自由な姿を見せてくれます。
それも至福。
「おお、遊べよ、我が子らよ」みたいな。
でも、彼らと同じ姿で、彼らと走り回ってみたい、そういう
思いも自然に芽生えます。
だとすると、私って人間をむちゃくちゃ愛してるやん、
そういう気づきにもなるのです。

 どっちも、愛のような大きなエネルギー。

「きっと、私たちは損得とかなしに、枠をとっぱらえて、
拡大した愛に生きると、むちゃくちゃ幸せなんじゃないか、と。」

 これが今日のメッセージです。
(「肉体を持ちながら、我、風になっとる」がいい方はそちらでも( ⊙‿⊙))

 ぜひ、青空と風をイメージしてみてください。

 ちなみに、かなへびは、こちらが取らないよ、と心で
伝えると、ちゃんとわかるのも多いんです。
だからびっくりするほど近くにいたり。
トカゲって、松果体が発達してる生き物だとか。

 (写真は、よもぎをゆらして来たかなへびです)
よもぎゆらし.jpg




posted by すもこ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

今日のスピリチュアルメッセージ


 こんにちは。

 気温差、疲れますね・・・。(´・ω・`)

 先日のセッションでは、クライアントの方が
蝶、黄色い蝶と縁が深いそうで、ほんとに!
来られてすぐ、黄色い蝶がベランダに来ました。
アゲハ蝶なら驚かないのですが、黄色い蝶ってあんまり
見ない気がします。

 その方は、セッションなど、ヒーリングエネルギーの流れる場など、
黄色い蝶が必ず現れるとか。
この方、ほんっとに黄色・オレンジのエネルギーが
輝いています。どちらかというと、ほんわりとした黄色。
サポート上手なんでしょうね。

 そこで今日のメッセージ。
蝶メディスンのテーマ、変性といいたいところですが・・・・。

 「人はエネルギーが影響しあい、交ざったりしてる生き物なので、
  そこの部分を感じてみよう」です。

 私はその方と会って過ごしたことで、私自身も、影響を受けるわけです。
もちろん、いい意味で。
ありがたいですね。
そういうところの、ありがたみを、見直してみよう、というメッセージです。

 それぞれが持ったエネルギーは本当に素晴らしく、
特に私は水系といいましょうか、母性といいましょうか、
妙に受身になる時があるので、イケイケなエネルギーの方と
いると気持ちいいです。
飛行機にのるときは、絶対、そんな方と乗りたい。

 

 かつて、夢で、過去世を見せられたあと、
いわれたことがあります。
 「おまえは変人で、変わってると言われれるだろう、
  その電波を出し続けることが大事なのだ」

これは私だけのことではなく、人間すべてだと思います。
それぞれの周波数をだすことで、それぞれが無意識に
キャッチしていく。

 ご自分のエネルギー、本来の魅力を知りたいと思われる方、
DNA活性、オススメです。
どうぞお越し下さい。

 明日はどんな物語がでてくるでしょうか。
 




posted by すもこ at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

今日のスピリチュアルメッセージ


 こんにちは。

 過去世の自分とご先祖様って、どこかでリンクしてるような
気がします。

 今日のメッセージは、ご先祖様のサポートに感謝しよう、です。

 特にわかりやすいのは、ケガです。
自分でも子供でも、ケガが少ないということは、
守られていると私は判断しています。

 魂の成長のために必要なこともありますので、
怪我=守られていないということではありません。

 子供を育てるなかで、見守ってあげるということは、
何歳になっても大事だと思うのです。
子供も大人になれば、その子の学びに向かってどんどん
進んでいきますので、ハラハラすることもありますよね。
そんな子育ての一部に、ご先祖様や見えないサポートへの
感謝をオススメしたいです。

 いわゆる、おばあちゃんが仏壇に手を合わせていた、
それと同じことなんですけど。

 私がオススメしたいのは、お仏壇でなくても、しましょう!と。
墓参りはご自宅から遠隔でやりましょう!ということです。
(なにかの宗教とかでははありません)

 子供のために何ができるか、そんなときも、
お花は、いただきもののお菓子などをお皿にのせて、
テーブルで構いません、話しかけて、日頃のお礼を言いましょう。
私は声にだして、いろいろ話すのもいいと思います。
いい言霊も、お花のようなものですし。

 アセンション後の、新しい時代は、いいことをすると、
どんどんよくなるという素晴らしい仕組みが始まっています。
活用しましょう!
 
posted by すもこ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

今日の謎解き


 こんにちは。

 三波春夫の「こんにちは〜」は、20世紀少年の漫画でも
シンボリックに使われてたなぁという指摘もあり、
今日も謎解きは続行しております。

 あの、、あくまでエネルギー読み解きということですが。
個人的な趣向とかではなくて。

三波春夫さんの雰囲気、チャップリンの映画の雰囲気と
どこか似てませんか。
チャップリンの伝えたかったことと、似ているのか
よくわかりませんが。

 さてさて。三波春夫さんのことに続き、
寝る前に魅せられた、いえ、見せられたビジョンは、
ジーニーと魔法のランプ。
ジーニーは異次元から来て、わざとランプを
仕込むんです。
それが、、、ランプというより、例のランタンそっくりで・・。
http://sumoko.seesaa.net/article/424991922.html?1441927539

 メッセージはわかるような、ただ、ハイヤーセルフの遊び心のような
意図のパワーにぞくぞくしちゃうのです。
いや、あれはほんとに遊んでる。

 今日は久しぶりに、メディスンカードリーディングセッションです。
うれしいです。
私自身の気づきも降りそうです。

 ジーニーのランプのルーツ、
三波春夫さんの「こんにちは〜」の読み解き、
いろいろご感想、ご意見お待ちしています。( ⊙‿⊙)
ありがとうございます。




posted by すもこ at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

今日のスピリチュアルメッセージ


 お疲れさまです。

 不思議なことってありますよね〜。
ビジョンやらメッセージに慣れている私も、今日の不思議な
体験にはちょっと驚きましたよ!

 しかも、朝一番で、今日は花の妖精を書こうと思っていた
だけに、びっくり。

 朝からゴミ捨てに行きながら、登校中の学生に挨拶してると、
顔なじみの子が、目も合わさず、顔もあげず、でした。
やれやれ、と、ため息つきながら戻ると、花壇に朝顔。
暴風でちぎれたのに、まだ咲いてくれてたんですね!

 ありがとうね、と言いながら、日課の芋虫探しをしてると、
私の頭のなか、いきなり、

 「こんにちは、こんにちは世界の国から〜」

 このメロディが、わんわん頭のなかで響くのです!

 三波春夫! 

 伝わりますでしょうか、三波春夫の、あの朗らかな太陽のような
歌声と笑顔。

 思わずうなってしまいました。すごいって。

 嫌な気が吹き飛んで、もう、三波春夫の声で満たされてました。

 花の妖精の波動にもやっぱり、三波春夫タイプがあるんですよ!

 三波春夫といえば、やっぱり東京オリンピックを連想してしまいます。
当時は、老若男女の心をひとつにまとめる歌手がいたもんだよ、と
母が語っていました。
たしかに、藤山一郎も、苦労に負けない心の美しさを取り戻す
そんなパワーを感じます。(好きです♡)

 現代は、多様化がすすみ、一体化を感じる歌が減ったようですが、
それも時代ですよね。

 朝からの思わぬ展開に、これまたうなってしまいました。

 ということで、今日のスピリチュアルメッセージは、
「天から頂くサポートにどんどん気づいてもらっちゃおう」です。

 朝顔の写真も載せますね!

 なんか内容が大幅に変更になりましたが、これもまた
おもしろいことです。

 また明日!

 
あさがお.jpg




posted by すもこ at 11:46| Comment(2) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

スピリチュアルな本


 こんにちは。

 台風や、竜巻、ゲリラ豪雨など、まるで日本人の祈りの心を
揺さぶるかのような勢いですね。

 今日は、深いスピリチュアリティの本をおすすめします。

 「のんのんばぁとオレ」水木しげる著 (講談社文庫)

 今日ネットでちらりと見て、初めてこれが映画化されてることを
知りました。

 水木しげる先生とは、ソウルグループが同じかなっと思う
ほどです。

 この漫画にでてくる、のんのんばぁも、水木先生のお父様も、
ほっとする奥行ある言葉をかけてくれる存在です。
実家に帰ってほっとするような感じです。

 どこか頼りない父親だけどこんな言葉もあります。
 悲しい現実に眠れない少年である水木しげるにむかって
「眠たくなければ一晩でも二晩でも起きてたらええ」

 のんのんばぁのこの言葉もいいです。
「こちらが優しい気持ちで向こうたら
 霊も優しくなるもんでなぁ」

 この二つを今日のメッセージにしたいと思います!

 子供たちと共に喜んだり、悲しんだり、
それでいて、大事な智慧をさずけてくれる、
のんのんばぁを見ていると、年をとるのもいいなぁと
思ってしまいます。

 三世代家族という形態から核家族が多くなりました。
核家族というものはどうしても気がはってしまうんですね。
私は新婚当時、インターホンがちょっと怖い時期があったんです。
その家の顔となることはエネルギーを使うのでしょう。
当時のヨガクラスで、なぜかそういう話になったとき、
他の新婚の奥さんも、同じようなことを言ってました。

 ちょっと気をゆるませたほうが、子育てもうまくいきますよね。

 妖怪とか、スピリチュアルな本ですが、心の奥行を
照らしてくれる一冊です。

 水木しげる先生、すごいです。のんのん.jpg






posted by すもこ at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

今日のメディスン


 おまたせしました。
(書こうと思ってから、寄り道しましたので笑)

 先日の、ホロスコープ鑑定の記事、読んで頂けましたか?
finite侑子さんのセッションは、ホロスコープもふくめ、
エネルギーが動くのでお得感あります。

 そのホロスコープで、私はやはり、引越し運なるものを
もってると言われました。
やはり・・・・・。
一箇所にいたほうが運気あがる人、
引っ越して移動したほうが運気上がる人、
それぞれらしいですね。

 私は常々憧れるのが、自分の田舎てのがあって、
古い知り合いたちがいつもいて、祭りを自分の息子なんかが
一緒にやるという。(妄想ふくらんでます)

 転勤族で育ち、今も、落ち着かないわけなんですけどね。

 初めての子育てを共にした土地を離れる時は、
それこそ痛いほど辛かったです。
赤ちゃんのころから、成長を共にして、驚き、感動、戸惑い、
いろんな子育てをシェアした親戚のようになったママ友達。
いまは、本当にいい思い出です。

 そんな私の憧れと現実のギャップを笑うかのようなのが、
トンボメディスン。

 ちょっとトリックスター的なメディスン。

 「物事は見た目どおりじゃないよ」

 そう教えてくれます。
 
 私が憧れどおりに生きたとしても、それは過去世の再体験であって、
新しいエネルギーは生まないんでしょうね。
そこらへんを素直になってみたいと思います。

 心が痛いときほど、そんな風に笑ってくれる存在って、
実はあったか〜いですよね。

 そんな侑子さんはトンボメディスンをガイドに
お持ちなんです〜。

 メディスンてやっぱり好きです。

 ガイドメディスンリーディングのキャンペーンでも企画しよう
かしら、と思ってます。

 冷えますので、あったかい汁物でもいただきましょうね!NCM_4689.JPG





posted by すもこ at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

今日のメディスンメッセージ


 こんにちは。

 今日のスピリチュアルメッセージはメディスンからです。

 ネイテイブアメリカンの叡智、メディスんには52種類の動物のサポートがあります。

 今日は、馬。
「経験をいかそうと思うとき、パワーが生まれ回り始める」

 なにを経験するか、宇宙である程度決めて生まれてるようです。
なので、経験は、ヒントそのもの。
その人が経験したからこそ、見えてくる世界がありますし。

 私はヒーリングをする者として、オールマイティじゃないな〜て
心地よいお手上げ状態になります。
その人にしかないものがあるとしても、やっぱり、深い痛み、孤独を
経験している人、特に両親との葛藤を乗り越えようとする人の
エネルギーはすごいです。

 親との間に葛藤がある人はそれを乗り越えるパワーを
持って生まれていることが多いと思います。

 パワーを内在しているだけでも、かっこいいなぁと思ってしまいます。

 経験の痛みがあるから、いつか自分がなにかやろうとするとき、
強いですよね。逆風や、失敗なんかも乗り越える意志に
なるわけです。

 仲間であるヒーラーのFusacoも、ヒーリングを極めるために、
地球での経験はなかなか厳しいものが多かったようです。
でも、そんな彼女だから、クライアントさんの話を聞くだけで、
共振による癒しのエネルギーが流れるわけです。
そんな彼女は、過去世でのビジョンで、ロボットでした。
結構、そういうぶっとんだビジョンを見るのが私の特徴
のようなんですけど。
ロボットは、あくまで戦闘用ですので、
傷ついた花も、子供も癒してあげれなかった、そういう
経験をして、地球にやってきてるようです。
ジブリの映画のようなシーンでした。


 葛藤を乗り越えるメディスンはまた別にもあります。
今日は、乗り越える決意、というところでしょうか。

 メディスン大好きです。




posted by すもこ at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月06日

人生のテーマ


 こんにちは。

 ホロスコープも、メディスンガイドも、マヤ暦も、
それぞれが生まれ持ったテーマを分析するツールだと思います。
それぞれが好きなように生きるために設定してきていますので。

 それぞれ、なんですけど、やっぱり、ベースは、
「信じること。自分、ハイヤーセルフを信じること」
 なんですよね〜〜〜〜〜。

 ここでおもしろいのは、
最初っから、自分のこと信じられていきる人って共振しないんじゃないかと。

人は葛藤するから、そこで共振エネルギーになると思うのです。

信じられなかった人が、少しづつ、気づきのコツに慣れていき、

 「な〜んだぁ、なるようになってんじゃん」と信じるようになる。

んでまた、日常のマインドに振り回されながらも、気づきのヒントを
キャッチし、よろめきながらも、まっすぐいきる。
これに尽きますよね。

 これまた気づきのヒントを見つけることが快感になるんですよね。
そういう意味では、マインドって、ありがたい。

 気づきのヒントの度に私は盛り上がって、どうブログの記事にしようかと
それはもう快楽のひとときを過ごしています。

 やっぱりせっかくの肉体、気持ちくなくっちゃ。

 マインドに苦しむことは快楽行きの切符をタダでもらったようなもんです。
高い入園料も、フリーチケット代も不要!

 快楽行きの列車に乗り込んで笑っていきましょう!

 (うまくまとめたような、まとめてないような笑)
posted by すもこ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

今日のメッセージ


 こんにちは。

 ギャップキン連続も、今日で終わりですが、
ギャップキンにしては今日は優しいエネルギーでした。

 朝から、かなへびを見に行くと、朝露の乗った葉の下をくぐる、ちびちゃん
かなへび二匹。
朝露を頭にのせてました。
幸せのひととき。

 地球がトリッキーなのは、こうなくちゃ、ああしたい、という
マインドのささやきがあるから。
アセンション後、マインドはあるのだけど、ふっと、分離されて、
本来の光を感じる時の波がくるようになったと感じます。

 身近なひとで、長い間の孤独が、転換され、光に包まれてる方もいます。

 ヒーラーの友達がよく言います、
「深い闇ほど、大きな光になる」

 この言葉、深いですね。
それを実感する、この時代。

 マインドフリーの波なんかを感じていますと、ふとニュース見ると、
驚きますね。
今の時代って、そんなひどいの??て。

 その両方があるという不思議さです。

 その、朝から見た子供かなへび二匹。
助け合って一緒に生きてるようです。
テレパシーで危険なんかも教え合ってるでしょうね。
目を合わせて彼らの周波数にはいっていこうとしましたが、拒否され
ました。あっぱれです。
それでいいのだ。
未知の時代に突入しようと、助け合って、発信しあっていけば、
いいのじゃないかと教えてくれる彼らですね。

 

 秋.jpg





 
posted by すもこ at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする