2016年03月30日

人生の楽しみ方


 こんにちは。

 口を開けば、メディスンって言ってる気がするほど、
ラブです。

 メディスンを知ってしまうと、ドキっっ!てくる瞬間が
増えます。

 例えば、生きていなくても、木彫りであれ、
ばったりアニマルを見つけてしまうと、
「この読み解きはどういうことなんやろうか💦」
と、一人ドギマギするんです♡

 今日も、お友達からもらったお菓子箱を何気に見て、
やだーたぬきがいるやん!!と一人で笑っていました。
森の絵なんですが、なぜか、ケツァルみたいな鳥、蝶、タヌキ。
森といえば、鹿ってイメージなだけに、へぇぇと思ったり。

 さて、そのメディスンから始まった光探しの旅。
光とは高次エネルギーの原型探しです。

 「ボリビアの伝承」丸岡匡孝訳(エピック)に、
ティンボイという木に関するチリグアノ伝説があるのです。
かつてキリスト教徒たちからの侵略に立ち向かった伝説的英雄、
ティンボがいたそうです。
とうとう、負傷してしまったティンボは治すことをよしとせず、
あえて自分の血を大地に流しながら、息を引き取りました。

 そこから数か月のうちに、ティンボを埋葬したところに
大きな木が生え、
その木は風に歌わず、花もつけず、質素な姿で人々に木陰を提供するそうです。
その木のおかげで森に不思議な力が宿され、
新たな輝きを得たそうです。
時を経て、「ティンボイ」と呼ばれるようになった聖なる木。

 胸がしめつけられる伝説です。
治療を拒む彼の目つきが目に浮かびます。

 これは、ボリビアの伝承のなかでひときわ、
輝いてる気がします。

 私が何気に主人に、この話を熱く語ると、

「死んだら木になりたいよね」

 と、想定外の答えが。

 そ、そういえば、長い年月の間に忘れていました。
昔、彼がそんなこと言ってたこと!!!

 なんで、木になりたいの?と訊くと

 「人々がどうするのか見たいから」

 「森やったら人々見えんよ」、と私。

 「高い高い木になる」

 不意にゾクっとしました。
ティンボの木もかなり高いそうです。

 なんだか私は深い思いに襲われました。
魂のリーディングでは、はるかに私より経験豊かで、
神官も相当こなし、メディスンはフクロウ、コウモリ系。
それだけど、さほど夢も見ず普段は、私のスピ話を
ふ〜んと聞き流す程度の主人でしたが。。。。

 洗い物をしながら、、、、やっぱり私たちは
人間がどう生きるか、地球が気になるから生まれてるんだ、
それは愛と呼んでもいいほどの思いで、、、、と
認めたくないような、深い思いにうなっていました。

 思わぬ奥にひそんでいた本音を引き出してくれた伝承。
これも、伝承の魅力のひとつです。
主人のそんな真っ直ぐな魂に少し触れたような気がして、
これからも地球のダークサイドにビビリながら、
でも、支え合って生きていくんだなぁと思いました。

 特に夫婦って、分かり合ってる錯覚に陥りますよね。
ちなみに、私は動けない木よりも、精霊になりたいです。

 ボリビアの伝承を訳してくださった丸岡様には
頭があがりませんっっ。
 

 
伝承.jpg




posted by すもこ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

魂の記憶をゆさぶる


 こんにちはっつ!

 いやぁ。
私たち、魂の旅路のなかで、人とのご縁は鍵になるんですね。
分かっていたことに改めて感動してます。

 ホロスコープ侑子さんと出会ったとき、
彼女のガイドからのビジョンとメッセ−ジが降りました。
驚かれるだろうなぁ〜と思いながら、伝えると、
ホロリと涙を流されて、なんてピュアな方だろうと思いました。

 そんなやりとりがあって、連絡先を交換し、
思えば、それが私の人生の次の扉だったわけです。


 アロエジュースも教えてもらいましたし、
メディスンも教えてもらいました。
そしてホロスコープモニターになって、彼女の底力も知りました。
以前も書きましたが、ホロスコープを見てもらうだけで、浄化がすごいんです。
ありがとうございます!!!

 メディスンと歩きだした私は変わりました。
本当に求めていた周波数へ一歩一歩と近づき、最近、
魂がゆさぶられる感覚に喜びを覚えています。
これってなんて幸運なことでしょうかっ!
おまけにこうして、文章にできる場があるっ!

 これまでの現実逃避の私からすると、びっくりすることになってるなぁと
ふと振り返ったのです。

 自分の恵まれていることに気づいたとき、やっと
感謝できる素直さが生まれます。

 メディスン調べのなかで出会う、民話、伝説、旅行記、
私の魂を興奮させ、癒してくれる周波数の本に会うたびに、
著者に深く感謝するようになったんです。

 ボリビアの伝説なんて、超マニアックな話の数々、を訳してくださった
日本人がいる、、、、すごいことですよね。
おかげで、私はボリビアの波動を遠隔なから少し感じることができました。

 ボリビアは違うっ!

 ここに越してきて、梅の木探しの途中で見つけた聖地調べも
1年たち、いろんな情報が
思わぬ形でもたらされ、そして、昨日借りてきた民話には、
なんと、源頼朝が街道から、そこを拝んだ話までありました!

 魂が喜ぶ周波数探しは簡単ではありません。

 私はおかしな変人だと言われることも多く、
子供に自分の半生を語ってると、なんか間抜けな亀みたいな気がして
ふと惨めな錯覚に陥りました。
(これが今のトリックですよね〜〜)
間抜けな亀でも、こんなに喜ぶことがある私はそれでいいんだと
思うようになったのはありがたいです。

 うまくお伝えできませんが、
以前の私は「ふ〜ん」と言っていた民話、伝承のなかに、
光を感じて魂が喜んでいるのです。
こんなお宝がなんでわからなかったんだろう????
この感覚も、地球ならではでしょうね。

 そんな私が見つけていく光をここに書き続けます!
これからもよろしくお願いします。('ω')

 今はまだわかりませんが、
その光の細い筋がいつか大きな光にたどり着く予感はあります。
このプロセスを楽しまなくっちゃ!と。
いきなりオーガズムじゃなくていい、わけです。(*´Д`)

 ほんと感謝ですね〜。

 最近、感動した民話を書くつもりだったのが、
なんだか前置きになりました。
感謝でハートがほっこりしています♡

 本って最高。
 メディスンありがとう。
 

 
spring joy.jpg




posted by すもこ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 精霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

ワニメディスン


 こんにちは。

 いきなり、ワニメディスンの日になりました☆

 ちょっとマニアックでしょうねぇ・・・・|д゚)
ワニ信仰ってあるほどなんですが、ちょっと遠い感じしますね。
蛇信仰のほうが身近な感じです。

 ワニ。
改めて調べるとすごいです!

エジプト、ミャンマー、アフリカ、など諸集団で信仰されているワニ。
水とも関連しています。

 ・耳も目もいい。
 ・古い起源なのにどんな爬虫類よりも進んだ構造の脳と心臓をもつ。
 ・エジプトにおいて洪水の起きない場所に巣作りするため、人々が参考にした。
 
 なんと、
 あの出口王仁三郎までも、「わにさぶろう」と読むとか書いてあるほど。

 人を救った伝説もあるワニ。
メディスンにおいては「統合力、忍耐力」があげられます。
(マヤ暦の白い魔法使いのようになかなかハードルの高いメディスンです)

 今の日本ではワニを日々観察することはできないので、
おすすめは、かなへびでしょうか♡

 トカゲは松果体の発達した生き物で、それは、テレパシー、
光、地場に敏感、地震、火山にも敏感なわけです。
実際、飼っていたかなへびは、乱暴そうな気配の子に威嚇しましたが、
私たち家族が愛をもって接すると非常に大人しいうえ、
犬のように目を合わせてきます。
(これがむちゃくちゃ可愛いのです)

 近所の小学生も、「えー!とかげ!?」と怖がってましたが、
「いやいや、かなへびだよ♡」と教えてあげて、のぞかせると、
・・・・・・かわいい・・・・・と反応していました。

 メディアも異様ですし、ほんとに、自然や動物などを観察し、感じ、
対話する時間が必要だなと感じています。
周波数をどこにあわせるか、ですよね。

 かなへびも、クモも、人間の周波数を先に分かっているようです。
「気づいてないよね」そんな顔で、動かずにいるかなへびに、
「気づいてるよ〜」と、かなへびにテレパシー送って遊んでしまいます。

 なんとなく、かなへびや、ワニや、蛇が、
ここぞいうとき助けてくれるような気がするのは、私だけでしょうか。

 あ〜絵本の、わにわにシリーズも大好きです。

 
surprise.jpg




posted by すもこ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

それぞれのもつゲート


 ご無沙汰です。

 ('◇')ゞ

 体調も復活し、今日は久々☆セッション。

 最近、その人の魂のカラーといいますか、門、ゲートと
ガイドアニマルが見れるようになったので、
友達に受けてもらいました〜〜〜〜。

 おおおおおおおお〜。

 それぞれ違うのはディクシャで、ビジョンとしてみえるので
分かってましたが、おもしろ〜〜〜〜い!

 魂って、ほんっとそれぞれの輝きがある〜〜〜〜〜!!!!

 友達は、潤いある森とレイヨウ。
うるんだ瞳も、毛並みも、うっとりするほど美しいのです。
「星」というのは聞こえてきました。
おそらく、シリウスだろうと思い調べてみると、やっぱり、
レイヨウの角をもつ女神サティスはシリウスでした。

 角はアンテナだというのは知っていましたが、
瞳も、アンテナなんですね。

 ぜひ、星を見て!!!とお伝えしました。

 この新たなビジョン、おもしろいです。
ネイティブアメリカンも、松果体から始まるスピリチュアル旅が
あると書いてますが、
まさに、その門の景色。

 いやぁ〜おもしろい。

 見てみませんか?

  
かわら.jpg




posted by すもこ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | セッションのご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

死と再生


 こぶさたでした。(´▽`*)

 ご縁あって、アイヌの物語ふたつを知りました。
犬が一生を終え、飼い主の愛と共に光として再生する物語。
もうひとつは、神がふくろうの姿で現れる物語。

 美しいアイヌの音。

 まるで甘美な魔法のような音。

 二つとも、共通していたのが、「死と再生」。
愛と尊敬の念をこめて、その死を大事にするとき、再生の
魔法が起きるようですね。
(よみがえりではありません)

 そう思うと、
愛犬と、笑って過ごして、そして亡くなった今は、
神様みたいに思っていればそれでいいでしょうね。

 ネイティブアメリカンでも、その先へいくために、
アンテロープや、バッファローは体を人間にあげるそうです。
自己犠牲ではないのです。

 回る回る学びの一環。

 私の経験からも、あの世へは筒抜けなほど
聞こえています!
だから光の言葉をかけてあげるといいと思います。
 
 アイヌや沖縄に伝わる言葉の美しさは、
私が求めている美だなぁとしみじみ思います。
神言葉なんでしょうね。

 地球が金とエゴで傾くのを見据え、
メディスン、神々が生きる術を残したように思います。



 
4周忌.jpg



posted by すもこ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

与えられた孤独


 こんにちは。

 ちょっとかっこいいタイトルでしょう。(^0_0^)

 今日降りたキーワードです。

 孤独感ってネガティブではないと思います。

 孤独と向き合ってこそ、見えるものがあると思います。
ネイティブアメリカンのビジョンクエストのように。

 私は、メディスン調べからどんどん、気づけば、
暗いトンネルに入り込んで夢中になっていました。
なんともたとえにくいガイドらしきスピリットがずっと見ています。

 そこで、与えられた孤独です。

 ガイドスピリットがいるのに、孤独。
つまり、与えられてるんだなぁと。


 しっかり、心、体、魂と繋いで、確かな一歩のための孤独。

 時は不思議なもので、ふっと、過去、未来を運ぶ風でもあります。
孤独だからこそ、その風のギフトをもらえるんだと思います。

 恐れずに、卑下せずに、孤独は与えられた空間だと思って、
味わってみませんか。


 
梅模様.jpg




posted by すもこ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

赤ちゃんの神秘☆


 こんにちは。

 メディスン調べで思ったよりも深いところへ行ってきました。

 深い。そして高い。

 なんでしょうね。メディスン、ネイティブアメリカンの叡智って、
周波数が独特で、通じる人と通じない人にはっきり分かれる気がします。

 さて今日は、赤ちゃん!

 保育士経験を活かしている母のブログにて、
赤ちゃんへの語りかけの大事さを記事に載せてます。
                 
 http://ameblo.jp/nobuhati

 母の記事を読んで、近所の赤ちゃんを思い出しました。

 その赤ちゃん、血筋が霊感のすごい家系なのもあり、
耳がすっごくいい!
 話の波動、どんな人が話しているか、とにかく情報収集の
きらめきです。
話しかけて、「うー!」と反応してるけど、あれは、分かってると
思いますね。

 その子は、生まれる前に、ママへのディクシャビジョンで、
来るからね〜って伝えてくれた子の一人で、
たまらなくかわゆいです。

 家庭・家系が愛で繋がれているところはご先祖様に合掌し、
家系のなかに不和があるところは、和にむけて合掌する。
こういう気持ちが大事なんだろうなと思います。

 特に、ママさんは嫁いで、相手の家系のこういう役割が
ありますので、子供の成長の喜びを節目節目で合掌してみてくださいね。
私たちの生き方、気持ちは代々影響する、
それは私の経験でも十分にそう言えることです。

 子供の成長は結晶なんですね・・・・。涙。弥生.jpg
 


 


posted by すもこ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ママと赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

お地蔵さま


 こんにちは。

 今日は他でしていますブログを含め、
一切書くつもりはなかったのに、勢いづいて
書いてます。

 なぜかというと、自宅でしてる子供英語にて、
子供たちがあまりにも唱歌を知らなさ過ぎて。
美しい日本語という宝があるのに。
英語でしたが、急きょ、みんなで、ひな祭り歌いました。

 教育がどうなっているか、やはり、親は無関心で
いてはいけないですね。
いろ〜〜んな意味で。
暴言教師が野放しだったりします。

 唱歌の美しさ、表現は、
高次エネルギーを言葉に変換するのに似ています。
感覚を磨くことはそんな難しいことではないと思います。

 もっと語りたいところですが。

 お地蔵さま。
4日、14日、24日にお地蔵さまの真言を唱えるのは、
子供のためにいいそうです。
子供が幼稚園の頃は、よく憑依といいますか、荒れた時代があり、
八つ当たりが多かったので、腹立つときはお経あげていました。
子供ってエネルギーの影響を受けます。

 私自身!
クラスメイトからの妬み、生霊で不調になってると
言われたことがあります。
大げさな話ではなく、私も、人を妬みますし、
そういう感情の影響ですよね。
(いたってフツーの変わった子でした笑)

 最近は、お地蔵さまの後ろに大日如来のような大きな
光を感じます。
そして、マントラをあげると、
両手をあげてる明るいお地蔵さまの姿が見えます。
あれをみると、どんな陰気も吹き飛ばせそうですよ!

 なので、ご縁あってこれを読まれた方。
お子さんのためだけでなく、
ご自身のためにも、お地蔵さま感じてみてはいかがでしょうか。

 光をこめて。 光のほうへ。

大日如来さま.jpg




posted by すもこ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

神様の降りるところをみつける


 こんにちは。

 寒かったですね・・|д゚)

 びっくりします、心も体も。

 こないだから書いていますが、
郷土史の神秘♡ 大きな木に神が宿ることはわりとあるようです。
木て天と地を繋ぐ柱みたいですもんね。
隣の町でも町の水路工事のとき、童子がどこからともなく
現れてものすごく手伝ったとか。

 で、常々思うのです。
神様をもし、人の姿をするなら、こぎれいでもなく、
ただ、柔らかい波動をだしてるだろうって!


 こないだ、そういう人見つけたんです。

 知人宅の通りに面した庭で犬と遊んでいて、
犬が通り向うの自転車のおじいさんを呼び止めるように
吠えたんです。
おじいさんは止まって「お〜い」と手を振って。

 思わず、私も頭さげるほど優しい笑顔でした。

 そのおじいさん、、、、自転車にたくさん小さな旗を
立ててて、ちょっとおもしろいんです。
知人に後で、こういうおじいさんが挨拶されてたと話すと、
「え〜知らないそんな人っ」と。

 子供も目撃してたんですけど。
二人で、あのおじいちゃん優しい笑顔だったよね〜て話して。
格好はみすぼらしいけど、神様がいたら、あんな感じだと思う、
と私が言うと、
うんうん、うなずいていました。


 パワースポットもいいですけど、
ふっと自然や人に降りる神の波動を見つけるのも
ものすごく面白いと思います。オススメ。
犬でも、時を越えた何かを見極めようと霊視してるとき、
すごく神妙で、かっこいい顔つきになります。

 週末、いろんなことありましたし、妖気にも触れましたが、
時間がたつと、ふっと心に浮かぶ、あの旗のおじいさんの笑顔。
また会いたいな〜とも思いますし、
幻であってもいいな〜とも思います笑。

 地球が苦手で、人の多いところでは具合悪くなって、
そんな暗い時もありましたが、
おかげで、私は神様波動を見つけるのうまいんじゃないか、と
自負してます。

そんな自分であろうと、エゴに言って聞かせてます。('◇')ゞ

 寒暖差、激しいです。どうぞご自愛ください。
 
母の作品.jpg





posted by すもこ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする