2016年08月23日

家族で助け合っている


 こんにちは。

 我ながら、私はマヤ暦紋章の黄色い人だなぁ〜と感じます。

 そんな私のエネルギーを調節してくれるのに母の存在は大きいです。
離れていても、家族はエネルギー調整していると思います。
ありがたいなぁ〜と感じます。

 生きててくれてありがとう。

 そんな母は、今月、お経をあげてもらってるところで、
ケガに注意しなさいと言われていました。
ちょうど、帰省した時に、夜歩きをしている母をみて、
娘が反射するもの身につけないと危ないよ!と、
お小遣いで反射テープを買ってあげました。

 実家の長崎では、反射ものを身に着ける人が少ないので
驚きました。
母も、こんなの必要ないって!と言っていましたが。

 先日、ちょっと危ない目にあったそうです。
この暑さ、疲れがどっとでるわけで、不注意な運転が起きても
おかしくないですよね。
歩いていて、すぐそばまで車がきたとか。

 母は、守ってもらったのがわかった。。。

 と、反射テープをお守りとして身に着けようと
思い直したそうです。

 何気ない心が家族を守る、ほんとに思います。

 親族に会うと、そういうエネルギーが高まるのは、薄々気づいていました。
ただ、一緒にいればいいのです。

 大変容の波がきているなか、家系のカルマも、真心でとけちゃうん
じゃないかなって感じています。
こんなにもお金と時間と体力を使って帰省する家族たち。
ちょっとしたざわつきや、もめごともイベントみたいなもので、
じっくりとエネルギーを交流しあうのは素敵なことですね。
すべてを包んで、にっこりしたいものです。

 
 変容の波は、
なんでしょう、5次元のエネルギーが流れこんでいるようで、
表面的なことと、その深いところに流れる二つの流れを感じると、
浄化であり、きれいなエネルギーがでてきます。
いい時代になったなぁと胸が熱くなります。
ohayo.jpg

 
posted by すもこ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

福を呼ぶ


 こんにちは。

 今年の夏も終わろうとしてますね。
ここ数年、毎年、実家で何かの生き物と会えるんです。
とかげ・かなへび・やもり。


 なんと今年は、アナグマ!
(メディスンにもあるアナグマ・・・意味深)
 
 野生さんの行動を朝4時に起きて観察してました。(≧◇≦)

 野生のもつ魅力ってなんだろう。
人間を冷静に見てて、全然違う周波数のなかにいる感じ。
たまりません。
朝の4時に網戸越しにのぞいていたら、猫と目が合って、
猫が私を二度見してました。その顔がまたかわいくて!

 野生さんを待ちながらアメリカ小説の
「姉のいた夏、いない夏」をぱくって、
「アナグマのいた夏、いない夏」など妄想し、一人で
盛り上がっていました。

 さて。福の神です。

 これは書かねば!と思ったことの一つです。

 不思議な人生を歩いている親友も、白い魔法使いの紋章をもつ父も、
福の神なんですよ。
たぶん、気づいてない人が多いかと思います!
これを読んで、あら、私も?と思われたらそんな気分で生きてください。

 ここでいう福の神とは。
富といきなりもたらす、のではなく、ごくごく自然体で、
いろんな人と絡み、天然ぶりを発揮しつつ、相手へのかかわりを
大事にする人のことです。

 愛の器が大きいのです。

 これが不思議なことに、本人が一番気づかないんです。

 あちらこちらで、いい風を吹かせているんです。

 結果が見えなくて当然のレベルなんで、難しいのですが、
あなたが自然にふるまってることで、福の風が吹き、
いいエネルギー反応起こしてるよって、言いたいです。

 なんでしょうね。こういう器の大きな人ほど、自覚がないのは。
私の母もセッションでは独特のエネルギーを降ろします。
私はビジョンやメッセージを伝えるんですが、降ろすエネルギー量は
母のほうがたぶんすごいのです。
でも、母は、私は特別なことはできないからって謙遜するんです。

 私が存在することで、人智を越えたエネルギー反応を起こすぞ、って
ワクワクして生きるといいんでしょうね。
そういう意味では本来の自分にもどるほど、魔法が使えるわけですね。

 一日を振り返り、あの人と笑ったな、とか、
私の勘違いで笑いが起きたなとか、
そういう自分をいっぱい褒めてあげるといいと思います。
人は思った以上にエネルギーを動かしているわけですから。

 自分を褒めてにっこり眠れる日は福の神になってます♡
変容の波にのって福の神になりましょう☆
福海.jpg
 
  



posted by すもこ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫婦


 こんにちは。

 ハートの奥に新しいエネルギーを感じ始めてから、
味わいが深まった気がします。
人間であることの味わい。

 私の両親も、主人の両親も喧嘩が多いほうです。
年をとるごとに短気になってしまうのもあるみたいです。
そんな彼らを見ながら、いろんなことを考えました。

 人間は生まれたときから分離感に苦しむという味わいが
始まるようです。
そこからの、いろんな切なる思い。

 そんなすべてを融合させて安心感へつなげるのが
夫婦なのかもしれないなぁ?と思います。

 それぞれに優しさもあり、愛もあるのだけど、
自分の人生のテーマを冷静に見ないと夫婦ガチンコになりますね。

 そうして私も、早速、主人と言い合いをしました。
しつこく食い下がる私に主人は今回はちゃんと向き合ってくれたので、
お互いの誤解が消えました。
主人は主人のトラウマを映し出した世界をみていて
私は私のトラウマの世界に捕らわれいたので、言い合いになったのが、
後になってみるとよく分かりました。

 なんだかおかしいですよね・・・・。
 巧妙な三次元のトリック。

 そんなトリックに負けず、
言葉という私の大好きなツールのおかげで和解できました。
これを活かすのも人間の務めのように思います。

 これからも、喧嘩は繰り返すでしょうけど、
ハートの奥に不思議な白い風のようなエネルギーが流れていれば、
こうしてこじれず、起きたことの気づきも得られるのでは?と
期待しています。

 変容の時代。不思議です。

 マヤ暦でも、メディスンリーディングでも、それぞれの
人生のテーマを浮彫にします。
ぜひ、お役立てくださいね。お待ちしています。
夫婦.jpg



g>
posted by すもこ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

変容と平和


 こんにちは。

 めまぐるしさが加速してますね。

 先日のブログで大変容のエネルギーはもう降り始めていると
書きましたが、確信しています。

 変容のプロセスを体感してます。おもしろいです。
数年前は思考が楽になるのを体感していましたが、
ここのところはハートの奥の奥です。
ハートで異次元と繋がる感じです。

 小さい気づきほど大きな愛の扉になると感じています。
平和への道も、そこかもしれないと。

 私の両親はエネルギーが強く、ケンカも多いです。
数年前まではそれが嫌でしたが、マヤ暦やメディスンを学ぶうちに、
しかたないな、と思うようになりました。
もってうまれたテーマだな、と。

 今年の夏、不思議な変化が起きました。
両親のケンカのその奥に流れる愛のような純粋なエネルギーを
感じることができました。
そこにフォーカスすると、大きな父の愛が流れこみました。
なんて複雑な構造をするんだろうと驚きます。
これも、いろんな家庭のカルマを見てきたから分かったことだと
思います。

 無駄なことってないですね。

 父は私にとって神秘キンであり、ガイドキン。笑。
私がそこを理解することで、父の深い部分でのやり場のなさが
解消されていくかも?と期待しています。笑。

 そういうハートの変化がもたらしたことがもう一つあります。
私は被爆二世ですし、長崎で育ったので平和学習は嫌というほど、
毎年ありました。
八月は重いのです。

 今日も新聞で、過酷な人生の被爆者の手記が載せてありました。

 被爆して体の自由が失われただけでなく、差別、いじめ、
その後、離婚、子供の非行などなど。。。。。。
母親の「おまえは神様のあずかりものだから」という言葉が
彼の支えになったそうです。
壮絶な人生のなかで、自分を愛せないことに気づいたそうです。

 フォーカスをきちんとされてるお母様とその息子さんですよね。。

 私はこれまで毎年、被爆の話を読んできましたが、
今年は感じ方に変化がありました。
悲劇の背後に流れるのは大きな光。
ああ、神様に大きな光をもらわれるのだなと感じました。
だから、ハートが重くならず、純粋に祈りました。

 もしかしたら、いつの日か、原爆が遠い伝説のようになるのかもしれませんが、
新しい平和の道は、身近な家族との愛にきづけるかどうかではないかと
思うのです。

 ぞれぞれのテーマで生じる苦しみを家族にぶつけることもあるでしょう。
だからといって愛してないということではないのだと思います。
小さいことに気づきながら平和へと歩いていきましょう。
変容でハートも軽く!愛は深く!
peace.jpg
 
 




 
posted by すもこ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

人と人のエネルギー


 こんにちは。

 熱い日々を過ごしていました。(;O;)

 やっぱり、変容のエネルギーは猛烈に降りてると感じています!
チャンスだ、チャンス!です。

 先日は父と姪っ子のエネルギーのぶつかり合い、衝突、解放の
プロセスを見せてもらえました。
これぞ、人と人のドラマだな〜って。

 見ていて、衝突するのは時間の問題だなぁと話していたんです。
ああ、ボルテージ上がってるっっ。
今日は衝突するかも、と思ったら、やっぱり、
そのとおりに。
それが、父の鏡の向こうキンの日だったのです!

 衝突したおかげで解放も起きて、いろんな深いものが
あぶりだされました。
6歳で「私には夢がない」と言い、本質を見抜いて、相手によって
態度を変え、評価アピールに必死な子の心の奥。

 やっぱり、こういうのって女の私が言うよりも、
家長である男がガツンと雷落とすほうがいいと思うのです。
大人げがなくても雷を落とすべきときは必要だと思うのです。

 この二人のエネルギー解放劇により私はやっと、父の本質も
垣間見ることができました。
年取るほどに短気になってきたし欠点は目につくけど、
驚くほど包み込もうとする愛、白い煙のような愛が
あったんです。

 人って、なんて込み入った模様なんだろうと思います。

 こういう解放があってこそ、大難を小難に変えていけるのでは
ないかと思います。
(もちろん、その後の話し合いが必要ですが)

 家族って、外面ではごまかせない素の部分で向き合って、
自分では、どうしようもないエネルギーを調整し合ってるんだと
思います。
そういうの経験すると、心が柔軟になると思います。
自分ひとりで完璧にならなくていんだよ、
お互い助け合いながらバランス見つけていくんだよって。
エネルギーなんだから、バランス崩す日もあるんだよって。

 それが信頼とか、平穏な心を育み、現実起きていることを
達観する視線につながると思うんです。
だから、一緒にいて疲れるけど、そんな役割を演じてくれてる姪に
ありがたいなって思います。

 私、娘、姪、父母。
神秘キン、ガイドキンの絡み合う濃い血縁の夏。
変容エネルギーのおかげで、私が本当に生きている間に見るべき
ものを見せてもらえました。
愛に飢えて傷ついたものの行動。
愛は深いけれど傷ついたものの行動。

 変容エネルギーのおかげで絡み合うものは、より一層
絡み合います。
白い風をイメージして達観していきましょう!
チャンスです。

 マヤ暦おもしろいです!!!

 

nagasaki.jpg
 
posted by すもこ at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マヤ暦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする