2017年04月27日

人間関係の悩みに☆


 こんにちは!

 やっぱり、いますね、なんでしたか、
エネルギーヴァンパイヤ。ヴァンパイヤに失礼じゃない?
と思うほど、卑劣なやり方でエネルギーを取る人、います。

 久々、がっつり出会ってしまいました。
大体、発言内容が矛盾している人って要注意ですね・・。

 同時期に思春期突入の我が子も、これで、悩んでいます。
子供の世界のエネルギー戦争ですね。。。

 我が子のクラスに英語サポートで入った時、ぞっとしました。
我が子のオーラが弱っている!
話はずっと聞いてたし、フォローしてたつもりでした。
負の流れから脱しきれないわけです。

 ここは!と、必殺技(笑)、DNA活性をしました。
クリスタルを使ってのエンパワメント。
どんなメッセージが降りるか楽しみでしたが、
わりと、あっさり。

 ところが、エレメント調整で、驚くことが!
浄化のところがおかしい。
腕が重い感覚のまま、粘っていると、やっと詰まってたものが
流れ出すような、氷がとけるような、感じで、
流れていきました。
他のエレメメントも問題はなく、むしろ、
日のエネルギーは結構もらってるほうでした。

 エネルギーをもらえるからこそ、取られるというのは、
ありますよね・・・・・(;^ω^)

 そして全体を通してのメッセージは一つ。

 「掃除を心をこめてやりなさい」

 メッセージを言いながら私も、なるほどねぇ〜と。

 我が子の学校は掃除の教えが浸透しておらず、
おしゃべりの時間のようなもので実際、汚い。
たとえ、人がしなくても、あなたはしなさい、と言いました。
高次のエネルギーと繋がる方法の一つです。

 我が子は身を守るお守りを胸につけていきたいと
言っていましたが、これはもっと強力な浄化力で
身を守る術ですね!!!
掃除することで流れを断ち切るわけです。

 メッセージを伝えながらも、大人も同じよね。。と
思いました。

 知り合いの方も、職場での心労を苦に自殺なされたとか、
聞きましたが、ぞっとします。
エネルギーを毎日とられ続けたら、危険なことになります。

 最近では、いじめを、止めるのもかなりリスクがあるとか、
そうであれば、掃除で流れを変えることってできないでしょうか。

 今の若者たち、素晴らしいスピリットが地球に来てくれています。
壮絶な使命ですよね。
私の年代はその道を手伝うことだと思っています。
我が子のクラスも、先生の言うことを聞けないことも多いし、
忘れ物も多い。
だけど、わかります。
彼らのスピリットの輝き。
念願かなって、英語サポートで彼らといっぺんに接する時、
本当に清き水がいきわたるような清々しさに包まれます。

 子育てでお悩みの方、
エレメント調整だけでもお試しください。
20分ほどです。
波動調整エッセンス、ディクシャもつきます。
お気軽にメールくださいね。suutanbee@msn.com

 私の子は、今、自分作りの大きな一歩目です。
行動で築く自分。

 虹の戦士たちの今後を本当に祈っています。
 彼らがこの世界で輝きをだせるよう見守っていきましょう。

 

love.JPG
posted by すもこ at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

死んでも同じ


 こんにちは。

 ビジョンや、メッセージを受け取ったり、亡くなった方の
気持ちがわかることがあるので、それを踏まえ、
書かなければいけないのでは、と思っています。

 弟が自死した以上、やっぱり、それがどうだったのか、
伝えたいのです。
自殺を否定するというよりも、タイトルどおり、死んでも同じだからです。

 弟は葬式でも激しい別れの痛みを感じていました。

 ショックのためだけではなく、死後、残された私、両親は
弟の重さを感じていました。
それでも、いよいよ、弟がもう一歩進むとき、
彼のなかの本当の苦しみがでてきました。

 それは、自分を裁かず、許すことです。

 私も両親も、それだけ苦しんで自殺を選んだのなら、
好きなようにさせていこうと腹くくっても、
本人の視野が狭く、苦しんでいるわけです。(*´Д`)

 弟の娘、私の娘の仏縁を取りつけ、
心から手を合わせることを知ったのも、弟のおかげです。

 四十九日を前に、弟の胸の苦しさが伝わってきたので、
娘と長念仏まであげました。
娘は、途中、ほろほろと泣きました。
お経の途中の涙は成就の証。ありがたいです。

 そういう貴重な体験をさせてもらってるんです。
娘は今後もおそらく祈りの力、天の力を体験する者に
なるでしょう。
そんな大きな役目を果たしたのですから、自分を裁かず、
大いなる力に涙してほしいものです。

 自分で自分を裁くのはやめましょう。
何がどう作用して、大きな歯車が動くのか、
人智を越えています。
裁くのであれば、他の行動へと転換する強さがあるべきです。
迷いながらでもいいかもしれません。


 弟は生きている間に、素直な自分を見失っていた、
ところはありました。
死んだあと、その素直な状態に戻るのにも苦労するわけです。

 だからどうぞ、自殺を考える方は、
素直な自分を見つけてから、にしてください。
死んでも、相当大変な内面のワークが待っています。
肉体があるうちのほうが、ワークの進み具合は早いです。

 身近に常に死ぬことを考えてしまう方がいらしたら、
この記事をどうぞシェアしてください。

 それぞれが壮大な物語の一部です。
その面白さの感覚を取り戻せるセッションをこれから
していこうと思っています。
弟の死によって動き出した車輪に乗ってみて、
そこからどこへ行くのか、ここで書いていきたいです。

 ありがとうございます。


 after.JPG
posted by すもこ at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

子供の神秘性


 こんにちは。

 これまでも度々、子供のテレパシー、不思議な能力について
書いていますが、また書きたくなりました。

 12歳までの、あの風の妖精のようなエネルギー。

 昨日も、小学校英語サポートで、驚きました。
ほんと妖精のような耳には聞こえない不思議な音でほほえんで
いくんです。
まるでそれは、「フフフ。緊張してる?大丈夫よ。会えてうれしいわ」
そんなエネルギーが吹き抜けるんです。
これを無意識のレベルでやってのけるのが、子供。

 5年生の知ってる子が多いクラスでは、
一人の女子に
「知ってる人がいるって、楽しいね〜」とコメントもらいました。
(*´Д`)
その子もまたエネルギーに超繊細だから、安心してもらえて、
うれしかったですし、
ああ、安心して勉強に取り組んでもらえることが
向上につながるな、と気づかされます。

 そうですよね。
大人になると、知らず知らず子供たちを威圧してしまうこと、
ありますよね。
私が子供の時も、先生の顔色はチェックしてましたね。
波動が嫌な時はバリアはらないといけなかったり。

 子供のもつスピリチュアルなエネルギーにいる間は、
私自身も宇宙のエネルギーを安心して降ろしてるように
感じます。
だから幸せなんでしょうね。

 教育システムが大嫌いで、英語が好きで、
そのことがこんなにも今の私を導いているんです。
不思議としか言えませんね。

 弟の小さい頃もよく覚えてます。
彼はノリがちょっと違っていて、いつも笑わせてくれました。
我が子の今だから感じられるエネルギーも、
本当にかけがえないと思います。
いつまでも子供たちに関わり、そんな不思議なエネルギーに
いたら、変わり続ける人生を完璧だと言えそうです。

 ほんと、一人では生きていませんね。
こうしていろんな人たちの間で、お互い助け合って。
子供たちとハートの交流していたら、ふっと、そこに
愛おしい人たちのエネルギーも降りてきて、やがて、
失うものなど何もないんだと、感じられそうです。

 
 


beginning.JPG
posted by すもこ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

地球で生きる意味


 こんにちは。

 春、新しい小学校英語も始まり、
新しいクラス、子供たちのエネルギーに、
重くなっていた運気が持ち上げられたような感じです。
人と人の間で私たち、生きてるんですね・・。

 今、母は自分の人生のテーマを見つめながらも、
いろんな内面の汚いものを体感中です。
すごいことを親子でやるなぁともう笑うしかないです。
こんなワークに挑戦する魂ってどんなもんやろう、と
思います。

 母の人生のテーマは、すべてを慈悲レベルで受け止め、
相手のことを受け入れることです。
先日、母のスピリットがビジョンにでてくれました。
そうなんです、生きてても死んでてもスピリットちゅうもんは、
スピリットなんですばい。(なぜか長崎弁で・・)

 母のスピリットは家系のカルマ的なきついエネルギーに
対し、「いいです。私は見守っていますから」と愛の宣言をし、
淡い紫の水晶を残していきました。

 母のすべての体験が純化された姿ですよね。

 一人一人、純化するために生きているんですね。

 母のことは心配でしたので、非常に嬉しいビジョンでした。
たくさんのきついエネルギーと繋がってしまうけれど、
こうして叡智がもたらされるなら、うれしいです。

 友達はローズクォーツのようなエネルギーへの旅を
していますし。
我々は旅人です。

 宇宙の叡智をより定着させるために、
私たちは猛烈な感情を味わいにここに来ています。
だからこそ、地球にいる私たちの思考が非常に大事
なんです。
悲しいことはそれらすべての感情に蓋をしてしまうことでしょう。

 私は純化したら、どんなエネルギーができるのか、
お楽しみです。自分のことはわかりません。( ´艸`)

 今の社会にぞっとしますが、
なぜ、地球で生きることが大事なのか、
体感できたことって大きいと思います。

 

 

zihi.JPG
posted by すもこ at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

心をありがとう


 こんにちは。

 これまでも数回、大きな転機がありましたが、
転機ってエネルギーすごく必要ですね・・・・。
こういう時にグループワークしたほうが早いんでしょうね。

 いい年齢になって転機の衝撃にも、慣れては、きました。
ああ、来た来たって感じで。
そんな時は特有の状態になります。
さすがにガイドたちもノーコメントです。
そりゃそうですよね、自分で決めないといけませんもんね。

 弟のおかげで、普段見ないような映画を数本見ました。
実話ベースのばかり。
その一つ「天国は、本当にある」での牧師さんの言葉が
非常に突き刺さりました。
息子を失うかもしれないと思ったとき、心の一部が壊れた、と。
(天国の体験をして)息子が生還してもなお、傷ついている、と。

 なるほどなぁ。

 そして壊れたからこそ、繋がるものがるんですよね。
 (牧師さんは心も傷つき、プライドを砕かれ、より、
  広い心へと覚醒していったそうです)

 弟のことを知って心をかけてくださる人々。
本当にしみこむのがわかるほどでした。
夢で、弟の祭壇にお友達からの捧げ物が置いてあるのを
見ました。
私もよく知ってる友達からので、ああ、心をくれたんだな、と
本当に感謝しました。

 こういうワンネスの学びも強烈ですがいいですね。

 地球イヤイヤ言って来ましたが、本当に思います。
天は十分与えてくださったんだと。
子供の頃は弟が天使のように寄り添っていました。
大人になると、愛犬。
そして、今は娘。
その三人、みんな似てるんです、エネルギーが。
私よりも賢く、でも、私のアホなところを遊んでくれる。
それぞれ常に形を変えていることに早く慣れたいです。
失ったものよりも、与えられたことを驚きたい。

 傷ついて壊れた時こそ、天の心を感じられるかも、
しれませんね。
これから先も形を変えていくだろう恵みを楽しみながら
ワクワクとページをめくる心でいたいものです。

 

 

 

peace tree.JPG
posted by すもこ at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

天使と悪魔


 こんにちは。

 夫婦って、不思議だな、と思うことの一つですが。
帰省など、しばらく離れていると、波動の再融合が必要なことです。
これがまた面倒臭い。

 あ〜わかる!って方多いのではないでしょうか。
 なぜか、こっちが疲れる。(/ω\)

 やっぱり、水でできているわけで、波動が変わるんですね。

 若いころは、そんな違和感もなく再会の喜びに
電気バチバチだったんでしょうね・・・・・。
今はそんなこともなく・・・・・。

 家庭内の波動を整えるのも、女性性の仕事だと思います。
見えないお仕事、ですね・・・。

 うちはすぐにガチンコしてしまうんですが、
オラクル的にめくる本で目にした文章は
「あなたが発したものが、あなたに戻る」とか、
そんなんばかりで・・・・。
調整の面倒さに文句言わず、さっさと済ませたが
賢いのか、と。(笑)

 家庭は、二つの家系が一つになっているわけで
感謝と浄化が日々欠かせないものだと痛感します。
人間って、基本入れ物だから、浄化してないと、
え?って驚くエネルギーを帯びたりするんですよね・・・。
隣の旦那に、「あんた、だれよ?」って。。。。

 実際、うちの主人は、お酒で憑依されて私をいじめたことを
体感したことがあるんです。
あまりにも理不尽なことに私は「来たな」と感じていました。
憑依されてるから、もう正論も通じない。
腹立っているのでお色気作戦も不可能。(笑)

 こちらがいかに冷静になれるか、なんですよね。

 悪魔は相手の
心の一番痛いところをえぐるのが得意技です。

 その時は私はあまりに腹が立って珍しく黙って、
別室に籠っていたら、
主人が30分ほどして、謝りにきました。
スゥ〜っと何か抜けていき、感情がクリアになったとか。

 びっくりしたって、さ。ふんっ。

 人間ってそういう意味では存在が怖いんですよね。
どんなエネルギーいれてるの?と。

 家系の浄化とか、やっぱりエクソシストみたいなもんです。
 
 そんな怖い体験をしても泥酔するのが好きな主人。
そしてどんな智慧を使うべきか、問われる私。
 
 これ、私が頼んできたんでしょうね。
生まれる前に・・・・。(/ω\)

 弟が勝手に❓始めたプロジェクトも始動し、
智慧をどう活用するか問われています。
もしかしたら、時代の流れかもしれませんね。
長年、繰り返したテーマを実践に活かす時。

 優しい心と笑顔でやっていきましょう。

 
 

tenderness.JPG




posted by すもこ at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

男性性と女性性


 こんにちは。

 いつも感じるまま、受け取るままに書いてます。

 私と弟はとても仲良かったので、弟が亡くなったとき、
弟の友達のことが心配になりました。
あの子、受け止めれるだろうか・・・と。

 不思議な偶然が重なって、その子が実家に来てくれました。

 私は落ち込む彼になんて言おうと、浅ましい考えしか
ありませんでした。

 10年以上ぶりに会ったその子は、ほんと心身が太っていて笑、
大人になっていたわけです!(そりゃそうですけど・・)
私の中では、まだ高校生で、自信なさそうな、それでも大きく
開かれた瞳の姿で止まっていましたから。

 ひとしきり、思い出や、それぞれが得てきた知恵を
シェアし、帰る頃気づきました。
「この子、私たちを心配で来てくれたんだ」と。

 ま、ちょっとこのへんが鈍いんです、わたし。( `ー´)ノ

 ああ、男のエネルギーとして、とてもいい状態を
生きてるなぁとひどく感心しました。
おっさん特有の押しつけもなく、虚勢もなく、感性のまま、
話して、何よりいろんなこと理解してくれた。
男性性と女性性のバランス美ですね。

 そんな彼の過去世は、修道士でした。
こんな形で励まし合うとは思っていませんでしたが、
弟亡き後、いろんなことが現れ、きっと、昔、修道院でも
助け合ったんだろうな、と思いました。
ちょうど、過去世の姿は今の彼そっくり。
ころころしてて、イケメンではないけど、いるだけで、
陽だまりのような人。
温かい温かい古の絆。

 刻々と弟のエネルギーも変容し続け、みんなの助け合いのもと、
ずいぶん、純化されたようです。


 世界平和への道もまだまだ遠いようですが、
だからこそ、優しい心でいようと、
強い決心を後押しするのは、弟です。

 ありがとう。

 

 

generousity.JPG
posted by すもこ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

本当の心を知る


こんにちは。

今の時代てむちゃくちゃ特殊な気がするのです。

かつてあるお寺さんの方も、
昔は信仰心の厚い方が多かっただけどねーと、
話されてました。


家族の健康を祈ることも、
農作物が実ることを祈るのも、
どちらも人らしい姿だと思うのです。
命を繋ぐ行為をしてきたのですよね。

たぶん、この人らしさが失われてるんでしょうね。

満たされることのない心。

今回、弟をこんな形で亡くしましたが、
そのショックを癒してくれる高次のエネルギー、
そして助けようとしてくれる優しい人の心が
どんどんしみいりました。

人て、やぱり高次のエネルギーを流せると
体験したわけですよね!
人を通して高次の光はもたらされる。

テレビのインタビューでも、
震災後、親切にされたことが忘れられない、と
話す方もいました。

そうなんですよね!

こんなにも人は優しくなれることを
まず、体験しておくことが、
今後、また、新たな灯りになると思います。


自然から離れ、機械的な生き方のなかで、
心のもつ力を分からなくなってる、ひとは、
少なくないでしょうね。
都会の無表情の人の波が不気味です。_(._.)_

私の主人をみても思います。
心が楽しいと思うことは意外なところ。
記憶をなくすほど酒を飲むことが楽しいと思うのは、
マインド。

こんな特殊な時代こそ、
あなたが、光を流す存在でいなさいと、
神様はほほえんで、そう言われるでしょうね。

体験できるものは幸いなり、かも
しれません。






_20170405_095248.JPG
posted by すもこ at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

あの世へのメッセージ


こんにちは。

夢でご先祖さまに会いました。

その方は、弟のことを世話してくれた
ようです。
あの世での式典があっていました。

私はきちんと名乗らなくては、と
子供や姪っ子のたちと、並んで、なぜか、
「私が長女です」と説明していました。

女ばかり四人並んで、
「これからは女同士助け合い、
女の力をだしていきます」

宣言していました。

ご先祖様は、涙で顔をしかめていましたが、
感激、優しさ、思いやりの気持ちは
伝わってきました。

家系を浄化し、祈ることは
女性性かもしれません。
この世の社会的な実績は分かりにくいですが
こんなにも家系が私たちにくいこんでいる
なら、やはり浄める他ないと思うのです。

ありがたいことに、
今回、言葉にしなくても、ここを理解し、
お経をあげてくれる叔父や、知人がいます。
徳積みなんですね。。。

私は弟のおかげで、
自分の後半人生の揺るぎない目標に
ロックオンしたわけです。
女の力を出しきった私は、さぞかし、
光のなかで笑いながら逝くでしょう。

その道筋。

アイヌ伝説でも、神が宿る動物をしとめ、
いかに心をこめてお送りするかが
非常に大事だと読んだことがあります。
それならば、
弟の死をぜひとも成就へと連携していこうと、
思うのです。
そこがまた残された私たちの、見せ場かも
しれせんよね。


この世とあの世の摩訶不思議。
まだまだ不思議体験は続きそうです。

弟もしきりと伝えてました。
「これは、まだ終わりじゃない」

私は、弟を信じています。
そしてそれはたくさんのサポートのもと
できていることを忘れないようにしようと、
思います。

私たちのまだまだ続く叡智への物語です!



_20170401_232417.JPG
posted by すもこ at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする