2015年07月06日

宇宙の叡智、アボリジニ


 こんにちは。
導かれるままにアボリジニのDVD見ました。
細胞が震えるようなエネルギーで、よかったです。
メディスンの解読ヒントもありました。

 本ではなくてDVDだったから良かったことは、
彼らに叡智をもたらした精霊たちの波動を感じることが
できたからです。

 彼らの伝説どおり、やっぱり、聖なる岩には聖なるものが宿り、
それは人間の形とはいえない、独特の気配をだしていて、
不気味なようでもあり、引力を感じます。
なぜ、不気味に感じるか、それは時空を越えるからだと思います。
高次の光や、こういう時空て、それなりの状態でつながらないと
危険でしょうね。

 私がハートのエネルギーの流れる聖地へ行ったとき、
水の流れのなかの岩に触りました。
私のなかでは、昔からこだわりのようなものがあって、
岩は水に濡れてこそ美しいと思うのです。
濡れてる間、内面のものが表へでる魔法のようです。
もちろん、磐座も大好きです。
岩に触れたとき、巳様と声がしました。
やはり、巳だったかと妙に納得しました。
蛇と水、川はセットですもんね。

 なので、岩に宿る精霊の存在は物語というだけでなく、
リアルなことだと思います。

 そこに触れて時空を越えて、ドリーミングの世界と
繋がること。それが使命のようなものかもしれません。
地球嫌いだった私がやってみたいと思えるようになるとは、
本当に成長したと思います。

 アボリジニの描いた絵を載せます。
ワンネスの波動ですね。
愛と尊敬。
彼らの波動を感じると、変に傾いてた軸がまっすぐなるような
感覚です。
ネイティブアメリカンも、アボリジニも、土着と言われる
民族は悲しい歴史を経ています。
私はこうして日本人として生まれているので、私らしく、
叡智に近づく道を模索したいです。

 まだアボリジニ、宇宙の叡智の話は続きます!


絵の出典は、DVD「AUSTRALIA'S ABORIGINES」
National Geographic Televisionです。


アボリジニ.jpg
 
posted by すもこ at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 宇宙の叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2000年にあったシドニーオリンピックの開幕式でのアボリジニのダンスはとても印象深いものでした。オーストラリアの先住民の歴史を世界に知らせることの出来た貴重な場だったのではないでしょうか。
アボリジニの彼らからスタートした聖火ランナー。スタート地点のウルル
岩や石に宿るもののエネルギーはとてもパワーに満ち溢れていると思います
Posted by yumie at 2015年07月08日 14:00
おおお、そうだったのですね!
なるほど!Youtubeで探してみます。
ありがとうございます!
Posted by miki at 2015年07月08日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421894722

この記事へのトラックバック