2016年02月01日

意識の統合、メディスンの調和


 こんばんは。

 昨日、散歩していて、こっちの道に惹かれる、と
ルートを変えてあるいていくと、あらまあ!
梅の花との出会いが。

 昔から、梅の花には花の精の存在を強く感じ、
懐かしい人に会えたような気がします。

 花や動物たちは、まるで私たちを待っていたかのように、
いることがありますよね。
そんなときの感触は、至福です。

 私はこの二ヶ月のストレスで、からだを痛めつけていたので、
鍼で調整してもらいました。・゜・(ノД`)・゜・

 気が右半分ないよ、と言われ、「あ、そう?」と思ってましたが、
治療の終わり、ストンと妙な感覚になりました。

 「わたし、右足が、ある」

 そこでやっと、抜けていた気が戻ったのが分かったんです。。。。

 でも、そうつぶやいたのって、今、文字を入力してる私じゃないんです。

 
 自分の感覚、意識って一人じゃないって思います。
その意識は、右足の気がないな〜て、気づいてた、
だから、戻ってきたとき「んんん?」と反応したんだと。
そういう意味でも、昨日の「メディスン」ではないですが、
自分のなかのいろんな要素を統合させることが必要なんじゃなぁと
体感しています。

 ヨガはもちろんですが、やっぱり、
ゆっくり散歩して、いろんな出会いを味わうことも、
その大事なひとときだと思います。

 あ〜これ、添加物多そう、でも食べたい。
そんな時には、「ありがとう」と声をかけて、食べるように
しています。
(食べなければそれが一番ですけどね(๑≧౪≦)
そんな感じで、ストレスで硬くなったお腹にも、
「ありがとう」そう言ってあげる時間が必要だなぁと思います。

 心よ、体よ、私と一緒に生きてくれ

 鍼治療のあと、そう祈りました。

 祈りって、自分のなかの調和を目指すことかも。

 鍼師も、中国の雨乞いの話してくれてました。
雨乞いの男が水不足の村にきてしたことは、自分自身の調和。
調和されるとすべてが自然に運ぶ。


 祈っていたら小さな天使たちが降りてきて、ふんわりと
包んでくれました。

 ずっぽりと、気が抜けてしまったから、わかる、
自分のなかの一体感、統合感。
そんなのを体験させてもらったのかな、といいように
考えてますっ。

 どうか、これを読んで似た体験されてる方が
ほっこりとされますよ〜に。
祈ってみます、調和へむけて。

つぼみ.jpg



posted by すもこ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック