2016年02月23日

シンクロ二シティ


 こんにちは。

 昨日も書きましたが、
やっぱり郷土史、伝わる不思議民話を消えさせてはいけない
なぁと思うのです。

 大事なアンテナを使いもせずに、広げる前に
収納させてしまう、そんな風潮です。

 せめて広げよう!みたいな。

 私は図書館でアンテナが元気になりますっ。
さぁ〜今日はどこが光ってるかな〜?みたいな感じで。
最近の図書館の本引き寄せ力の高さは、もう、感謝の念さえ
わきあがる感じです。

 そんなこんなで、たまたまアンテナがキャッチした
サルタヒコ特集の本、古いけど、とっても濃くって!
吉本ばななと細野晴臣の対談とか面白かったです。

 そのなかで、南米シャーマンの叡智の本が書かれてあり、
早速、お取り寄せ♡

 それが。

 その本がポストにあるのに、一晩、放置してたんです。

 そして朝から母が読んだマヤ暦の内容で土星について
聞かされて、フムフム、と時の謎について話したあと数時間。

 私は、ポストにあった本を取りに行き、開きました。

 そこにはシャーマンたちが挑んだ時の謎の答えが
書いてあり、母に早速伝えると、

 「まさにそれだわっ」

 このタイミングの精妙なこと!

 時の歯車の振動を感じるようなシンクロ二シティ。
魂の喜ぶ瞬間です。

 どんなに知識が降り注いでも、この時の歯車の振動を
一瞬でも感じられたら、それが目的のような気もします。

 さてさて。
本がポストに入ってるのに一日放置させた理由は二つ。
一つは不思議な夢見をしたからで、それはまた
べつの話・・・・・(๑≧౪≦)

 今日も、ありがとう。✩

 
はむはむちゃん.jpg




posted by すもこ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434177175

この記事へのトラックバック