2016年04月12日

子供の不思議


 こんにちは。

 先日、図書館で、思わずにっこりしてしまう、
あったかくて素敵な親子二組を続けざまに見ました。
幼児の声が小鳥のようにいい波動だったので、気になりました。

 二組の親子に共通したのは、「ママが子供の意志を尊重している」
ことです。

 どちらも男の子で、2歳くらい。
一人の子は本に猫がいるのが不思議でしょうがないらしく、
「なんでねこなの??」というと、ママが
「まねきねこなの」と答えました。

 それは初めての単語だったんでしょう。
「まね・・こねこ」としか言えません。
何度も練習する姿をつい目で追ってしまいました。

「まねこねこ・・まねこ・・ねこ・・まねきねこ」

 思わず拍手!言えたね!!!

 その次の瞬間、「まねこねこ」

 もう、可愛さたまりません。
その前向きさ、チャレンジ精神、あっぱれです。

 もう一人の子も、同じ年くらいで、ママと真剣に本選び。
電車の本か、飛行機の本か、どっちにする?
そんなやりとりが、続き、ママはちゃんと子供の考えるのを
待ってあげてます。
考え中に大好きな電車のページがあって、思わず、ママと
喜んでいたり。

 どちらのママも、子供にべた〜っとする様子がなく、
一人の人間としてちゃんと向き合っていて、だからこそ、
幼児の背伸びするような姿が可愛らしくてたまらないのです。

 一人の人間として、ちゃんと意見を聞いてあげる、
これだけのような気がします、子育てとか教育とかって。
難しいことじゃないんじゃないか、と。

 1歳未満でも、ほんとに最近の子供たちは、
意思表示がすごいです。
私の子供が2か月のとき、気難しい顔をしていて、
主人と二人で、
「あ〜歩けないのがもどかしいんだね」話しました。
それをこちらが分かってあげたことは、良かったと思います。

 こちらの感性を鋭くさせてくれる存在ですね。

 で、タイトルの子供の不思議さですが。
私の子供が0歳のとき、抱っこしていて、ふとみると、
顔の形が伸びたんです。
信じてもらえないでしょうか。
主人も目撃してましたよ!
最初、子供の成長ってこんなふうなんだ〜って見てたんです。
そしたら、しゅるしゅるしゅる〜って元のサイズに戻りました。
10秒ほどのことでした。

 私も主人も、赤ちゃんてこんなことするんかな、くらいで
流してましたが、今も忘れられない出来事です。

 それくらい、謎がいっぱいで、不思議で、
大人を刺激する、ハート星人ですね、子供は。

 図書館の、子供たちに、可愛いね!って言いたかったなぁ。
そういう他人を見てニヤニヤしてる変なおばさん、、、、な私、、です。

 
 



happy pig.jpg




posted by すもこ at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ママと赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436578779

この記事へのトラックバック