2016年05月30日

ハートが開くと軽くなる


 こんにちはっ!

 今日は元気がいいのです。
書きたいこともいっぱいあったんですが、なんとなく、
寝かせてみました。

 最近、シンクロ、びっくり現象が多くて楽しいです。
おかしい、明らかに見えない力が介入しておる!と感じると、
ゾクゾクしてきてこれがまたたまんないんですよね。
こないだ、出会った人とは、聖地でお参りがあるときで、
これから始まるっていう時に来られたんです、その方。
もう、参加するように筋書できてたんでしょう!

 女神カードを一枚引いたら、その解説のところを最初から開いておいていたり。

 東にコヨーテメディスン持ってる人と2日連続で出会って、
コヨーテの深さについて、コヨーテの存在感と共に学んでいたり。

 ホロスコープの侑子さんとも、どんどん楽しく幸せになっていく
実感を、「軽くなるね」と、よく話しています。

 そうなんですよね。軽さ。

 話を聞いてほろほろと、泣ける軽さ。
 ぴんときて、行動する軽さ。
 
 軽さっていいですね。

 コヨーテメディスンも、究極はこれかもしれません。

 先日、テレビで極楽・地獄があってたんです。
見事な仏像や、曼荼羅図。極楽のイメージをしっかり描いて逝くことが大事だと
されていたようです。

 伝説においても、命をかけてたどり着いた山奥の洞窟のなかには
光輝く阿弥陀様がいらしたとか。
実際、ああいう風にみえると思います。

 でも、私は磐座派なんで!
一緒に見ていた子供に
「ま、でもさー、岩とか、川とか山とかそんなんでいいと思うんだよね」
と、言いたい放題言ってると、
子供が、ホロホロと泣くのです!

 「ど、どうした?!」と聞いても、

 ただ、涙がでたという、それだけ。

 思い返せば、この子はディクシャをしただけで、涙をほろほろ
流したこともあったなぁと。

 そんな風にちゃんと反応して泣けるって素敵です。

 ちなみに、岩って、やっぱり蛇神様やクジラ様など、
高次エネルギーの化身なんですよね。
宇宙からきて、どうしてもこの次元だと岩になってしまう。
アボリジニの虹蛇も岩になってますし。
次元があがれば、岩を触ることで、チャクラが整い元気になったり、
ひらめいたり、そんな現象が増えるだろうと思います。
 伝説のなかにも、人間の要求に応え龍神が最後の目を投げたとき、
岩に穴をあけたそうで、
「今度からはその岩にたずねてくれ、私をもう呼ばないでくれ」
と言って姿をけしたそうです。

 おもしろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い。

 伝説って超スピリチュアルなんですよ。

 ドリーンバーチューさんも、著書のなかで、
「三次元はとにかく重い」と表現されてるそうです。
やっぱり、重い・軽いってことになるんだな、と。

 そんな三次元で軽さを楽しむ。
なんて究極の遊び。
そんな遊びのマスターがコヨーテメディスンなのかもしれません。

 ご自身のガイドメディスン、読んでみませんか。
お待ちしてま〜す。

 
 

 
ごほうび.jpg




posted by すもこ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック