2016年08月17日

福を呼ぶ


 こんにちは。

 今年の夏も終わろうとしてますね。
ここ数年、毎年、実家で何かの生き物と会えるんです。
とかげ・かなへび・やもり。


 なんと今年は、アナグマ!
(メディスンにもあるアナグマ・・・意味深)
 
 野生さんの行動を朝4時に起きて観察してました。(≧◇≦)

 野生のもつ魅力ってなんだろう。
人間を冷静に見てて、全然違う周波数のなかにいる感じ。
たまりません。
朝の4時に網戸越しにのぞいていたら、猫と目が合って、
猫が私を二度見してました。その顔がまたかわいくて!

 野生さんを待ちながらアメリカ小説の
「姉のいた夏、いない夏」をぱくって、
「アナグマのいた夏、いない夏」など妄想し、一人で
盛り上がっていました。

 さて。福の神です。

 これは書かねば!と思ったことの一つです。

 不思議な人生を歩いている親友も、白い魔法使いの紋章をもつ父も、
福の神なんですよ。
たぶん、気づいてない人が多いかと思います!
これを読んで、あら、私も?と思われたらそんな気分で生きてください。

 ここでいう福の神とは。
富といきなりもたらす、のではなく、ごくごく自然体で、
いろんな人と絡み、天然ぶりを発揮しつつ、相手へのかかわりを
大事にする人のことです。

 愛の器が大きいのです。

 これが不思議なことに、本人が一番気づかないんです。

 あちらこちらで、いい風を吹かせているんです。

 結果が見えなくて当然のレベルなんで、難しいのですが、
あなたが自然にふるまってることで、福の風が吹き、
いいエネルギー反応起こしてるよって、言いたいです。

 なんでしょうね。こういう器の大きな人ほど、自覚がないのは。
私の母もセッションでは独特のエネルギーを降ろします。
私はビジョンやメッセージを伝えるんですが、降ろすエネルギー量は
母のほうがたぶんすごいのです。
でも、母は、私は特別なことはできないからって謙遜するんです。

 私が存在することで、人智を越えたエネルギー反応を起こすぞ、って
ワクワクして生きるといいんでしょうね。
そういう意味では本来の自分にもどるほど、魔法が使えるわけですね。

 一日を振り返り、あの人と笑ったな、とか、
私の勘違いで笑いが起きたなとか、
そういう自分をいっぱい褒めてあげるといいと思います。
人は思った以上にエネルギーを動かしているわけですから。

 自分を褒めてにっこり眠れる日は福の神になってます♡
変容の波にのって福の神になりましょう☆
福海.jpg
 
  



posted by すもこ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/441125933

この記事へのトラックバック