2016年12月25日

母と娘の絆


 こんにちは。

 いい年頃の私ですが、最近、思い出に残る過ごし方を意識してます。
時空がすごいから、忘れてしまうというか圧縮されるなかでの日々。

 まだ若いころ、私たち夫婦は贈り物をしあう習慣がなかったのですが、
12月24日か、25日に仕事あがりの主人が、
ふと「なんか買い物いこっか?」とデパートに行くことになりました。
何も考えてなかった私でしたが、道中、何を買ってもらうか、
ドキドキしていました。

 でも、デパート付近はすでに渋滞で、早々に諦め、
私たちはそのまま帰宅したんです。
なんでしょうか、その夜のことは鮮明に、ハートがほっこりするほど
覚えているんです。
 彼の、ふとした優しさ提案がうれしかった。
 そんな日々を娘にも残したいと切に思うのです。

 先日、お友達のエステをされてる方に施術されながら、
深いチャネリング状態になり、彼女と彼女のお母様の深い物語を
見せてもらいました。
夫婦であれ、友達であれ、親子であれ、ペットであれ、
この世での絆を作るということは死んでもなお協力しあうのだと
確信することが多いです。
どちらかが死んでスピリットになったほうが連携がすごい。

 その方のお母様は美意識の高い方で、
お友達はお母様のためにもエステを勉強されたそうですが、、
突然のガン宣告、そしてきれいな姿のまま逝かれたそうです。

 そんなお母様の心が私のハートに入ってきて、
いろんな思いを伝えてくださいました。
この先の娘さんのお役目を考えたとき、死を選んだほうがいいことは
すでに分かってらしたのですが、
それでも別れはつらかった、そして何よりも、
娘さんが母親の死を乗り越え、「美」という器を大きくするための
試練を娘さんが見事、乗り越えて復活された、その喜びの涙でした。

 憑依されやすい体質でいて、良かったと思える日がくるなんて、
思いもしませんでした。
お友達のエステへの姿勢と、ガイドの浄化力(これがすさまじい!)、
そこで無になれた私と、お母様の気持ち。
天上のハーモニーではないでしょうか。

 今でも、お母様のお気持ちがハートを温かくしてくれます。

 そしてそんな強い深い愛を見せてもらえたことは、
同じ親として大きな励みになります。
私もいつかそんなふうに、真っ直ぐ生きて先を見据えて死にたい。

 お友達とお母様の美しい愛の物語をこうして
ここでシェアできるのもなんて嬉しいことでしょうか。

 美を追求すること、それは苦行をえらぶこと。

 これはお母様そしてガイドの言葉です。

 重いです。。。。でも温かい。

 そんな凄腕(!)のエステ、信じられない破格の提供をされてるんです。
職人さんとでもいいましょうか。

 そんなお友達のエステを私のチャネリングディクシャをセットにして
提供する企画も進行中です。

 心身を無にして生まれ変わりたい、そんな方におすすめ、
心身のディープクレンジングエステ。
明日、サロンの写真を載せます〜。(滋賀県です)

 こんな徳の高いガイドさんにきれいにしてもらえて、
 ギフトだなぁと感じています。恐れ多いくらいです。
 出会いに乾杯です。感謝です。

 
crystal s@ider.jpg




 

 




posted by すもこ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック