2017年01月17日

親になるということ


 こんにちは。

 私だけでなく、親になること、ママになることに
漠然とした抵抗感を感じるということは聞いたことがあります。
生んでしまうと、もう別世界が始まりますもんね。('◇')ゞ

 私は長い間、人間の繁殖本能に疑問を感じてきたんです。

 その疑問の答えが、、、ああ、やっぱりそういうことか、と
自然にあっさりともたらされました。

 やっぱり助け合い、連携なんですね。

 親って感謝されなくても、ほんとに影の支えができる、
そんな深い存在ですよね。
私も身近にそんな方が数名いらして、これが親になることか、と
しみじみ思いました。

 それはもうワンネスの愛なんですね。

 私自身も、波動調整エッセンスのおかげで、みるみる明るく
なって光が増した友達、クライアントさんの存在が
私のハートへの共振となるのが分かります。
こちらも感謝でいっぱいなんです。

 親は親で、家系の平安のためにまっしぐらなんだと思います。

 子供は子供でカルマ脱却にむけて、挫けながらも挑戦する。

 これは親子の繋がりがあるからだと思います。
その先の霊的成長、魂の成長を見据えて生まれるんですね。
なんといえばいいでしょうか。

 私たちはただ食べてセックスして、子供を持つのではなく、
カルマ脱却の霊的成長を視野にいれているという認識が
これから浸透する気がします。
それこそ、最もやりがいのあることかもしれませんし。

 そういう意味では、
ホロスコープの捉え方も変わると、ひしひしと感じています。
一日ずれただけでも、全く違う配置になってしまう。
そのスポットめがけて生まれてきているとすれば、
そのテーマを認識する機会があっていいと思います。
(ホロスコープ侑子さんの話面白いですっっ!)

 今日アップした写真。
小動物の足跡があまりに可愛くて写真を写しました。
雪だるまに続く足跡。
そして寄り添う二つの雪だるま。
親子みたいですよね。
いくつになっても助け合う私たちは素敵なんだと
雪の精霊に教えてもらいました。(*´Д`)




 

 
 

血縁.JPG
posted by すもこ at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック