2017年04月07日

男性性と女性性


 こんにちは。

 いつも感じるまま、受け取るままに書いてます。

 私と弟はとても仲良かったので、弟が亡くなったとき、
弟の友達のことが心配になりました。
あの子、受け止めれるだろうか・・・と。

 不思議な偶然が重なって、その子が実家に来てくれました。

 私は落ち込む彼になんて言おうと、浅ましい考えしか
ありませんでした。

 10年以上ぶりに会ったその子は、ほんと心身が太っていて笑、
大人になっていたわけです!(そりゃそうですけど・・)
私の中では、まだ高校生で、自信なさそうな、それでも大きく
開かれた瞳の姿で止まっていましたから。

 ひとしきり、思い出や、それぞれが得てきた知恵を
シェアし、帰る頃気づきました。
「この子、私たちを心配で来てくれたんだ」と。

 ま、ちょっとこのへんが鈍いんです、わたし。( `ー´)ノ

 ああ、男のエネルギーとして、とてもいい状態を
生きてるなぁとひどく感心しました。
おっさん特有の押しつけもなく、虚勢もなく、感性のまま、
話して、何よりいろんなこと理解してくれた。
男性性と女性性のバランス美ですね。

 そんな彼の過去世は、修道士でした。
こんな形で励まし合うとは思っていませんでしたが、
弟亡き後、いろんなことが現れ、きっと、昔、修道院でも
助け合ったんだろうな、と思いました。
ちょうど、過去世の姿は今の彼そっくり。
ころころしてて、イケメンではないけど、いるだけで、
陽だまりのような人。
温かい温かい古の絆。

 刻々と弟のエネルギーも変容し続け、みんなの助け合いのもと、
ずいぶん、純化されたようです。


 世界平和への道もまだまだ遠いようですが、
だからこそ、優しい心でいようと、
強い決心を後押しするのは、弟です。

 ありがとう。

 

 

generousity.JPG
posted by すもこ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448805964

この記事へのトラックバック