2017年04月20日

子供の神秘性


 こんにちは。

 これまでも度々、子供のテレパシー、不思議な能力について
書いていますが、また書きたくなりました。

 12歳までの、あの風の妖精のようなエネルギー。

 昨日も、小学校英語サポートで、驚きました。
ほんと妖精のような耳には聞こえない不思議な音でほほえんで
いくんです。
まるでそれは、「フフフ。緊張してる?大丈夫よ。会えてうれしいわ」
そんなエネルギーが吹き抜けるんです。
これを無意識のレベルでやってのけるのが、子供。

 5年生の知ってる子が多いクラスでは、
一人の女子に
「知ってる人がいるって、楽しいね〜」とコメントもらいました。
(*´Д`)
その子もまたエネルギーに超繊細だから、安心してもらえて、
うれしかったですし、
ああ、安心して勉強に取り組んでもらえることが
向上につながるな、と気づかされます。

 そうですよね。
大人になると、知らず知らず子供たちを威圧してしまうこと、
ありますよね。
私が子供の時も、先生の顔色はチェックしてましたね。
波動が嫌な時はバリアはらないといけなかったり。

 子供のもつスピリチュアルなエネルギーにいる間は、
私自身も宇宙のエネルギーを安心して降ろしてるように
感じます。
だから幸せなんでしょうね。

 教育システムが大嫌いで、英語が好きで、
そのことがこんなにも今の私を導いているんです。
不思議としか言えませんね。

 弟の小さい頃もよく覚えてます。
彼はノリがちょっと違っていて、いつも笑わせてくれました。
我が子の今だから感じられるエネルギーも、
本当にかけがえないと思います。
いつまでも子供たちに関わり、そんな不思議なエネルギーに
いたら、変わり続ける人生を完璧だと言えそうです。

 ほんと、一人では生きていませんね。
こうしていろんな人たちの間で、お互い助け合って。
子供たちとハートの交流していたら、ふっと、そこに
愛おしい人たちのエネルギーも降りてきて、やがて、
失うものなど何もないんだと、感じられそうです。

 
 


beginning.JPG
posted by すもこ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック