2017年06月20日

親子に伝わるカルマ


 こんにちは!

 夏至明けにむけエネルギー高まってます☆

 フフフ。

 なんだか怖いようなタイトルをつけてみました。
実際のエネルギーはもっと怖いわけですけどね('◇')ゞアリャ
ここではエネルギー分析をチャネラーの私が解釈しています。
ご了承くださいね。

 次元が変わってきているので、闇も光も、似たようなもの、
メビウスの輪だなと思います。
なので闇や負のカルマを否定するのではなく、はっきり認識し、
どうするか、そこで決意することが大事です。

 知り合いのお子さんに、ある問題が起きていました。
そこのおばあちゃんも知っているのですが、、、、
問題は負の遺伝だなと感じました。
原因の根っこといいましょうか。
そこのおばあちゃん、優しいところもあるんですけど、、、
時に口からでるエネルギーが辛辣なんです。
思考が漏れているんでしょうね。
刃物的なエネルギーなんですよね・・・。いや・・・悪魔的?
凄みがあるんですよ・・・。

 あれだけ汚いエネルギーだしたら、、、と思うと、
気の毒に思いました。まさに毒。( ´艸`)

 仏教でも不悪口がありますし、
ネガティブな言葉を減らそうというのがわりと浸透してますよね。
問題は、汚い言葉を使わずとも、汚いエネルギーが
でている場合ですよね〜〜〜〜。
 
 だからこそ、一日の終わりには懺悔をすると
いいんでしょうね。そこで思考パターンがクリアになる。

 同じ人間ですので、ああ、気をつけよう。
 学ばせてもらいますね。

 そしてこういうのに気づいてしまったら、
祈ります。浄化のボランティアは最高の徳積だと思います。

 大きな進化の節目節目にはありがたい高次エネルギーが注がれます。
あとは人間の心ひとつ。

 今、特に受け取るメッセージは女性性です。
深く包み込む女性性と、ワンネスのために立ち上がる女性性。
ものすごい光が降りるようになっています。
光が抜けていく感覚はもう病みつきっすよ。
(周囲に小さくても奇跡的な変化がおきます)

 私もこの歳になって、ようやく、我が子の弱点を
包み込めるようになりました。
自分の弱さを母親に指摘されるほどつらいことはないんですよね。
失敗したり、ちょっと進んだり、それが子育てですよね。。

 でもね、思うんです。
我が子の弱点を責めずにぎゅう〜〜〜と抱きしめていますが、
これを何回か経たら、この子は十分に羽を伸ばしていくんだろう、
そう思うと一回一回がありがたいですよね。
特別なぎゅうですもん。。。。。

 最近はハイヤーセルフの意向で、
子育ての話が多いです。
毒より、笑を選んでいきましょうね!
私のエネルギーってどうよ?!と気になる方、ぜひ、
お問合せくださいませ。


tinypink.jpg
posted by すもこ at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ママと赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック