2016年04月04日

感謝の心


 こんにちは。

 ここのところ、気になっていることを、
いい加減、書け!と背中を押されたので書いています笑。

 日本にはたくさん、龍スポットがあります。
水ですよね。

 隣の市に伝わる伝説にも、
洪水を救ってくれた白蛇様の話や、
日照りを救った龍の姿など、
残っています。

 私は人生の節目に龍神と少し対話するのですが、
越智啓子さんは、これからは一人一人が龍を飼う時代になる、と
言われてます。

 確かに、、、、
ここ最近、龍神様の存在がなんか違うんですよね。
いわゆる、近くなったんでしょうね。

 その龍神様と繋がるポイントは、
ネイティブアメリカンやアイヌの方々の生き方と同じ、
「感謝の心」なんですね〜。
感謝の波動が高いんでしょうね。

 私は、3月、浄化の波にもまれ、
体調をくずし、とどめは、軽くで済んだのですが、
膀胱炎、そして血の出るような便秘でした。

 それ以来、無事に排泄できると、
手を合わせるようになったんです。('ω')

 それが、とても平和な気持ちになるんですね〜。

 体調を崩すと、損した気もしますが、
まぁ、こんな気持ちになれたのも良かったかなと思います。

 龍神は、水。
水道からの水でも、私たちが感謝とともに扱うと、
水の波動があがると思います。

 10日間黒キン連続の時期になりましたし、
この際、水への感謝、排泄への感謝、いいかと思います。
やっぱり、刻々と変化してますよね〜〜。

 
 
感謝の心.jpg




posted by すもこ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

家族の繋がり


 こんにちは。
 週末は桜を楽しむ方が多かったようですね。
気温とともに、ふっと漂う春の花の香りは、脳に
ききますね〜。春の度に幼いころに戻るようです。

 先日からシンクロ現象がすごくて、それを書こうと
思ってたのですが、父のことを書きます。

 父は持っているガイドメディスンも特殊系で、
謎そのものの人です。
目立つことが嫌いな人はサイキック能力をセーブしてる
方もわりと多い気がします。
それも素敵なだぁと思います。

 父も、そのタイプで、自分が人から崇められるような
状況は何がなんでも避けるでしょう。
そのサイキック能力は警察の仕事で活かされ、
今はやっぱり家族を守ってるんだなぁと感じています。
やっぱり、お父さんは太い柱です。

 私が嫁いだあと、しばらく、よく夢にでてきました。
はっきりと出てくるあたりが、彼の能力のすごさだと
思います。
夢のなかで一緒に過ごしてるだけなんです。
戸棚を開けて、お湯飲み探していたりしていて。

 あと、肉体で、初めて、私の住む家に来たときも、
いきなり、台所の床下収納を開けるんです!!!!!
玄関からそのまま直行です。(*´Д`)
古い家を一時的に借りていたので、
開けるのが怖かったのに、いきなり、開けられるものですから、
思わず、叫んでいました。
幸い、なにかしらの死骸とかゴミとかはなく、
きれいでした。
きっと、彼は何か察知したんだと思います。

 こういう謎の男なのです。(笑)

 今日も久々、夢にでてきたんです。
車の買い替えを悩んでいるので、どうのこうの、
愚痴ってるんです。
現実でも決断を迫られていたので、リアルな感情でしょう。

 私がうれしかったのは、
夢の中で、ちょうど、退院が決まって、乗せてもらえる
というタイミングだったからです。

 体調がすぐれず、寝ていたのですが、
起きてすっきり。
父がエネルギー送ったんだなと感じます。

 俺がエネルギーやったんだぞ、そんな顔せず、
さりげなく、サポートしてくれてることに感謝します。
そんな心を持てるって大事なことだと思います。

 こういうさりげない仕事ほど、光も大きいと思います。
死んだあとに、自分を褒めるとすれば、こういうところは
はずせないでしょうねぇ。
見習わないと・・・・。

 ガイドメディスンからみる自分セッション。
いかがですか。おもしろそうでしょう??

  
おはよう.jpg




posted by すもこ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

人生の楽しみ方


 こんにちは。

 口を開けば、メディスンって言ってる気がするほど、
ラブです。

 メディスンを知ってしまうと、ドキっっ!てくる瞬間が
増えます。

 例えば、生きていなくても、木彫りであれ、
ばったりアニマルを見つけてしまうと、
「この読み解きはどういうことなんやろうか💦」
と、一人ドギマギするんです♡

 今日も、お友達からもらったお菓子箱を何気に見て、
やだーたぬきがいるやん!!と一人で笑っていました。
森の絵なんですが、なぜか、ケツァルみたいな鳥、蝶、タヌキ。
森といえば、鹿ってイメージなだけに、へぇぇと思ったり。

 さて、そのメディスンから始まった光探しの旅。
光とは高次エネルギーの原型探しです。

 「ボリビアの伝承」丸岡匡孝訳(エピック)に、
ティンボイという木に関するチリグアノ伝説があるのです。
かつてキリスト教徒たちからの侵略に立ち向かった伝説的英雄、
ティンボがいたそうです。
とうとう、負傷してしまったティンボは治すことをよしとせず、
あえて自分の血を大地に流しながら、息を引き取りました。

 そこから数か月のうちに、ティンボを埋葬したところに
大きな木が生え、
その木は風に歌わず、花もつけず、質素な姿で人々に木陰を提供するそうです。
その木のおかげで森に不思議な力が宿され、
新たな輝きを得たそうです。
時を経て、「ティンボイ」と呼ばれるようになった聖なる木。

 胸がしめつけられる伝説です。
治療を拒む彼の目つきが目に浮かびます。

 これは、ボリビアの伝承のなかでひときわ、
輝いてる気がします。

 私が何気に主人に、この話を熱く語ると、

「死んだら木になりたいよね」

 と、想定外の答えが。

 そ、そういえば、長い年月の間に忘れていました。
昔、彼がそんなこと言ってたこと!!!

 なんで、木になりたいの?と訊くと

 「人々がどうするのか見たいから」

 「森やったら人々見えんよ」、と私。

 「高い高い木になる」

 不意にゾクっとしました。
ティンボの木もかなり高いそうです。

 なんだか私は深い思いに襲われました。
魂のリーディングでは、はるかに私より経験豊かで、
神官も相当こなし、メディスンはフクロウ、コウモリ系。
それだけど、さほど夢も見ず普段は、私のスピ話を
ふ〜んと聞き流す程度の主人でしたが。。。。

 洗い物をしながら、、、、やっぱり私たちは
人間がどう生きるか、地球が気になるから生まれてるんだ、
それは愛と呼んでもいいほどの思いで、、、、と
認めたくないような、深い思いにうなっていました。

 思わぬ奥にひそんでいた本音を引き出してくれた伝承。
これも、伝承の魅力のひとつです。
主人のそんな真っ直ぐな魂に少し触れたような気がして、
これからも地球のダークサイドにビビリながら、
でも、支え合って生きていくんだなぁと思いました。

 特に夫婦って、分かり合ってる錯覚に陥りますよね。
ちなみに、私は動けない木よりも、精霊になりたいです。

 ボリビアの伝承を訳してくださった丸岡様には
頭があがりませんっっ。
 

 
伝承.jpg




posted by すもこ at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

魂の記憶をゆさぶる


 こんにちはっつ!

 いやぁ。
私たち、魂の旅路のなかで、人とのご縁は鍵になるんですね。
分かっていたことに改めて感動してます。

 ホロスコープ侑子さんと出会ったとき、
彼女のガイドからのビジョンとメッセ−ジが降りました。
驚かれるだろうなぁ〜と思いながら、伝えると、
ホロリと涙を流されて、なんてピュアな方だろうと思いました。

 そんなやりとりがあって、連絡先を交換し、
思えば、それが私の人生の次の扉だったわけです。


 アロエジュースも教えてもらいましたし、
メディスンも教えてもらいました。
そしてホロスコープモニターになって、彼女の底力も知りました。
以前も書きましたが、ホロスコープを見てもらうだけで、浄化がすごいんです。
ありがとうございます!!!

 メディスンと歩きだした私は変わりました。
本当に求めていた周波数へ一歩一歩と近づき、最近、
魂がゆさぶられる感覚に喜びを覚えています。
これってなんて幸運なことでしょうかっ!
おまけにこうして、文章にできる場があるっ!

 これまでの現実逃避の私からすると、びっくりすることになってるなぁと
ふと振り返ったのです。

 自分の恵まれていることに気づいたとき、やっと
感謝できる素直さが生まれます。

 メディスン調べのなかで出会う、民話、伝説、旅行記、
私の魂を興奮させ、癒してくれる周波数の本に会うたびに、
著者に深く感謝するようになったんです。

 ボリビアの伝説なんて、超マニアックな話の数々、を訳してくださった
日本人がいる、、、、すごいことですよね。
おかげで、私はボリビアの波動を遠隔なから少し感じることができました。

 ボリビアは違うっ!

 ここに越してきて、梅の木探しの途中で見つけた聖地調べも
1年たち、いろんな情報が
思わぬ形でもたらされ、そして、昨日借りてきた民話には、
なんと、源頼朝が街道から、そこを拝んだ話までありました!

 魂が喜ぶ周波数探しは簡単ではありません。

 私はおかしな変人だと言われることも多く、
子供に自分の半生を語ってると、なんか間抜けな亀みたいな気がして
ふと惨めな錯覚に陥りました。
(これが今のトリックですよね〜〜)
間抜けな亀でも、こんなに喜ぶことがある私はそれでいいんだと
思うようになったのはありがたいです。

 うまくお伝えできませんが、
以前の私は「ふ〜ん」と言っていた民話、伝承のなかに、
光を感じて魂が喜んでいるのです。
こんなお宝がなんでわからなかったんだろう????
この感覚も、地球ならではでしょうね。

 そんな私が見つけていく光をここに書き続けます!
これからもよろしくお願いします。('ω')

 今はまだわかりませんが、
その光の細い筋がいつか大きな光にたどり着く予感はあります。
このプロセスを楽しまなくっちゃ!と。
いきなりオーガズムじゃなくていい、わけです。(*´Д`)

 ほんと感謝ですね〜。

 最近、感動した民話を書くつもりだったのが、
なんだか前置きになりました。
感謝でハートがほっこりしています♡

 本って最高。
 メディスンありがとう。
 

 
spring joy.jpg




posted by すもこ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 精霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

ワニメディスン


 こんにちは。

 いきなり、ワニメディスンの日になりました☆

 ちょっとマニアックでしょうねぇ・・・・|д゚)
ワニ信仰ってあるほどなんですが、ちょっと遠い感じしますね。
蛇信仰のほうが身近な感じです。

 ワニ。
改めて調べるとすごいです!

エジプト、ミャンマー、アフリカ、など諸集団で信仰されているワニ。
水とも関連しています。

 ・耳も目もいい。
 ・古い起源なのにどんな爬虫類よりも進んだ構造の脳と心臓をもつ。
 ・エジプトにおいて洪水の起きない場所に巣作りするため、人々が参考にした。
 
 なんと、
 あの出口王仁三郎までも、「わにさぶろう」と読むとか書いてあるほど。

 人を救った伝説もあるワニ。
メディスンにおいては「統合力、忍耐力」があげられます。
(マヤ暦の白い魔法使いのようになかなかハードルの高いメディスンです)

 今の日本ではワニを日々観察することはできないので、
おすすめは、かなへびでしょうか♡

 トカゲは松果体の発達した生き物で、それは、テレパシー、
光、地場に敏感、地震、火山にも敏感なわけです。
実際、飼っていたかなへびは、乱暴そうな気配の子に威嚇しましたが、
私たち家族が愛をもって接すると非常に大人しいうえ、
犬のように目を合わせてきます。
(これがむちゃくちゃ可愛いのです)

 近所の小学生も、「えー!とかげ!?」と怖がってましたが、
「いやいや、かなへびだよ♡」と教えてあげて、のぞかせると、
・・・・・・かわいい・・・・・と反応していました。

 メディアも異様ですし、ほんとに、自然や動物などを観察し、感じ、
対話する時間が必要だなと感じています。
周波数をどこにあわせるか、ですよね。

 かなへびも、クモも、人間の周波数を先に分かっているようです。
「気づいてないよね」そんな顔で、動かずにいるかなへびに、
「気づいてるよ〜」と、かなへびにテレパシー送って遊んでしまいます。

 なんとなく、かなへびや、ワニや、蛇が、
ここぞいうとき助けてくれるような気がするのは、私だけでしょうか。

 あ〜絵本の、わにわにシリーズも大好きです。

 
surprise.jpg




posted by すもこ at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

それぞれのもつゲート


 ご無沙汰です。

 ('◇')ゞ

 体調も復活し、今日は久々☆セッション。

 最近、その人の魂のカラーといいますか、門、ゲートと
ガイドアニマルが見れるようになったので、
友達に受けてもらいました〜〜〜〜。

 おおおおおおおお〜。

 それぞれ違うのはディクシャで、ビジョンとしてみえるので
分かってましたが、おもしろ〜〜〜〜い!

 魂って、ほんっとそれぞれの輝きがある〜〜〜〜〜!!!!

 友達は、潤いある森とレイヨウ。
うるんだ瞳も、毛並みも、うっとりするほど美しいのです。
「星」というのは聞こえてきました。
おそらく、シリウスだろうと思い調べてみると、やっぱり、
レイヨウの角をもつ女神サティスはシリウスでした。

 角はアンテナだというのは知っていましたが、
瞳も、アンテナなんですね。

 ぜひ、星を見て!!!とお伝えしました。

 この新たなビジョン、おもしろいです。
ネイティブアメリカンも、松果体から始まるスピリチュアル旅が
あると書いてますが、
まさに、その門の景色。

 いやぁ〜おもしろい。

 見てみませんか?

  
かわら.jpg




posted by すもこ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | セッションのご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

死と再生


 こぶさたでした。(´▽`*)

 ご縁あって、アイヌの物語ふたつを知りました。
犬が一生を終え、飼い主の愛と共に光として再生する物語。
もうひとつは、神がふくろうの姿で現れる物語。

 美しいアイヌの音。

 まるで甘美な魔法のような音。

 二つとも、共通していたのが、「死と再生」。
愛と尊敬の念をこめて、その死を大事にするとき、再生の
魔法が起きるようですね。
(よみがえりではありません)

 そう思うと、
愛犬と、笑って過ごして、そして亡くなった今は、
神様みたいに思っていればそれでいいでしょうね。

 ネイティブアメリカンでも、その先へいくために、
アンテロープや、バッファローは体を人間にあげるそうです。
自己犠牲ではないのです。

 回る回る学びの一環。

 私の経験からも、あの世へは筒抜けなほど
聞こえています!
だから光の言葉をかけてあげるといいと思います。
 
 アイヌや沖縄に伝わる言葉の美しさは、
私が求めている美だなぁとしみじみ思います。
神言葉なんでしょうね。

 地球が金とエゴで傾くのを見据え、
メディスン、神々が生きる術を残したように思います。



 
4周忌.jpg



posted by すもこ at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

与えられた孤独


 こんにちは。

 ちょっとかっこいいタイトルでしょう。(^0_0^)

 今日降りたキーワードです。

 孤独感ってネガティブではないと思います。

 孤独と向き合ってこそ、見えるものがあると思います。
ネイティブアメリカンのビジョンクエストのように。

 私は、メディスン調べからどんどん、気づけば、
暗いトンネルに入り込んで夢中になっていました。
なんともたとえにくいガイドらしきスピリットがずっと見ています。

 そこで、与えられた孤独です。

 ガイドスピリットがいるのに、孤独。
つまり、与えられてるんだなぁと。


 しっかり、心、体、魂と繋いで、確かな一歩のための孤独。

 時は不思議なもので、ふっと、過去、未来を運ぶ風でもあります。
孤独だからこそ、その風のギフトをもらえるんだと思います。

 恐れずに、卑下せずに、孤独は与えられた空間だと思って、
味わってみませんか。


 
梅模様.jpg




posted by すもこ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

赤ちゃんの神秘☆


 こんにちは。

 メディスン調べで思ったよりも深いところへ行ってきました。

 深い。そして高い。

 なんでしょうね。メディスン、ネイティブアメリカンの叡智って、
周波数が独特で、通じる人と通じない人にはっきり分かれる気がします。

 さて今日は、赤ちゃん!

 保育士経験を活かしている母のブログにて、
赤ちゃんへの語りかけの大事さを記事に載せてます。
                 
 http://ameblo.jp/nobuhati

 母の記事を読んで、近所の赤ちゃんを思い出しました。

 その赤ちゃん、血筋が霊感のすごい家系なのもあり、
耳がすっごくいい!
 話の波動、どんな人が話しているか、とにかく情報収集の
きらめきです。
話しかけて、「うー!」と反応してるけど、あれは、分かってると
思いますね。

 その子は、生まれる前に、ママへのディクシャビジョンで、
来るからね〜って伝えてくれた子の一人で、
たまらなくかわゆいです。

 家庭・家系が愛で繋がれているところはご先祖様に合掌し、
家系のなかに不和があるところは、和にむけて合掌する。
こういう気持ちが大事なんだろうなと思います。

 特に、ママさんは嫁いで、相手の家系のこういう役割が
ありますので、子供の成長の喜びを節目節目で合掌してみてくださいね。
私たちの生き方、気持ちは代々影響する、
それは私の経験でも十分にそう言えることです。

 子供の成長は結晶なんですね・・・・。涙。弥生.jpg
 


 


posted by すもこ at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ママと赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

お地蔵さま


 こんにちは。

 今日は他でしていますブログを含め、
一切書くつもりはなかったのに、勢いづいて
書いてます。

 なぜかというと、自宅でしてる子供英語にて、
子供たちがあまりにも唱歌を知らなさ過ぎて。
美しい日本語という宝があるのに。
英語でしたが、急きょ、みんなで、ひな祭り歌いました。

 教育がどうなっているか、やはり、親は無関心で
いてはいけないですね。
いろ〜〜んな意味で。
暴言教師が野放しだったりします。

 唱歌の美しさ、表現は、
高次エネルギーを言葉に変換するのに似ています。
感覚を磨くことはそんな難しいことではないと思います。

 もっと語りたいところですが。

 お地蔵さま。
4日、14日、24日にお地蔵さまの真言を唱えるのは、
子供のためにいいそうです。
子供が幼稚園の頃は、よく憑依といいますか、荒れた時代があり、
八つ当たりが多かったので、腹立つときはお経あげていました。
子供ってエネルギーの影響を受けます。

 私自身!
クラスメイトからの妬み、生霊で不調になってると
言われたことがあります。
大げさな話ではなく、私も、人を妬みますし、
そういう感情の影響ですよね。
(いたってフツーの変わった子でした笑)

 最近は、お地蔵さまの後ろに大日如来のような大きな
光を感じます。
そして、マントラをあげると、
両手をあげてる明るいお地蔵さまの姿が見えます。
あれをみると、どんな陰気も吹き飛ばせそうですよ!

 なので、ご縁あってこれを読まれた方。
お子さんのためだけでなく、
ご自身のためにも、お地蔵さま感じてみてはいかがでしょうか。

 光をこめて。 光のほうへ。

大日如来さま.jpg




posted by すもこ at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

神様の降りるところをみつける


 こんにちは。

 寒かったですね・・|д゚)

 びっくりします、心も体も。

 こないだから書いていますが、
郷土史の神秘♡ 大きな木に神が宿ることはわりとあるようです。
木て天と地を繋ぐ柱みたいですもんね。
隣の町でも町の水路工事のとき、童子がどこからともなく
現れてものすごく手伝ったとか。

 で、常々思うのです。
神様をもし、人の姿をするなら、こぎれいでもなく、
ただ、柔らかい波動をだしてるだろうって!


 こないだ、そういう人見つけたんです。

 知人宅の通りに面した庭で犬と遊んでいて、
犬が通り向うの自転車のおじいさんを呼び止めるように
吠えたんです。
おじいさんは止まって「お〜い」と手を振って。

 思わず、私も頭さげるほど優しい笑顔でした。

 そのおじいさん、、、、自転車にたくさん小さな旗を
立ててて、ちょっとおもしろいんです。
知人に後で、こういうおじいさんが挨拶されてたと話すと、
「え〜知らないそんな人っ」と。

 子供も目撃してたんですけど。
二人で、あのおじいちゃん優しい笑顔だったよね〜て話して。
格好はみすぼらしいけど、神様がいたら、あんな感じだと思う、
と私が言うと、
うんうん、うなずいていました。


 パワースポットもいいですけど、
ふっと自然や人に降りる神の波動を見つけるのも
ものすごく面白いと思います。オススメ。
犬でも、時を越えた何かを見極めようと霊視してるとき、
すごく神妙で、かっこいい顔つきになります。

 週末、いろんなことありましたし、妖気にも触れましたが、
時間がたつと、ふっと心に浮かぶ、あの旗のおじいさんの笑顔。
また会いたいな〜とも思いますし、
幻であってもいいな〜とも思います笑。

 地球が苦手で、人の多いところでは具合悪くなって、
そんな暗い時もありましたが、
おかげで、私は神様波動を見つけるのうまいんじゃないか、と
自負してます。

そんな自分であろうと、エゴに言って聞かせてます。('◇')ゞ

 寒暖差、激しいです。どうぞご自愛ください。
 
母の作品.jpg





posted by すもこ at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | スピリチュアリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

シンクロ二シティ


 こんにちは。

 昨日も書きましたが、
やっぱり郷土史、伝わる不思議民話を消えさせてはいけない
なぁと思うのです。

 大事なアンテナを使いもせずに、広げる前に
収納させてしまう、そんな風潮です。

 せめて広げよう!みたいな。

 私は図書館でアンテナが元気になりますっ。
さぁ〜今日はどこが光ってるかな〜?みたいな感じで。
最近の図書館の本引き寄せ力の高さは、もう、感謝の念さえ
わきあがる感じです。

 そんなこんなで、たまたまアンテナがキャッチした
サルタヒコ特集の本、古いけど、とっても濃くって!
吉本ばななと細野晴臣の対談とか面白かったです。

 そのなかで、南米シャーマンの叡智の本が書かれてあり、
早速、お取り寄せ♡

 それが。

 その本がポストにあるのに、一晩、放置してたんです。

 そして朝から母が読んだマヤ暦の内容で土星について
聞かされて、フムフム、と時の謎について話したあと数時間。

 私は、ポストにあった本を取りに行き、開きました。

 そこにはシャーマンたちが挑んだ時の謎の答えが
書いてあり、母に早速伝えると、

 「まさにそれだわっ」

 このタイミングの精妙なこと!

 時の歯車の振動を感じるようなシンクロ二シティ。
魂の喜ぶ瞬間です。

 どんなに知識が降り注いでも、この時の歯車の振動を
一瞬でも感じられたら、それが目的のような気もします。

 さてさて。
本がポストに入ってるのに一日放置させた理由は二つ。
一つは不思議な夢見をしたからで、それはまた
べつの話・・・・・(๑≧౪≦)

 今日も、ありがとう。✩

 
はむはむちゃん.jpg




posted by すもこ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇宙の叡智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

土地のエネルギー

 
 こんばんは♫

 書きたいことがいっぱいある満月の夜です。

 書きたいことがあってこうしてかけるって幸せだなぁと
思うのです。

 ああ、どこから始めよう。

 私はディクシャギバーになる前から、気ままにチャネリング
で相手の過去世を読んでみたりしてました。
一番苦労したのは、土地のエネルギーに敏感すぎたことです。
今は強くなりましたが、昔は、悪い土地、場所にいくと、
吐き気・頭痛、悪寒で苦しみました。
その影響で出不精なんですけど・・・(´・ω・`)

 それぞれの家も、いろんなものが記憶されてるような
感じで、キツイところはきついです。
信仰心のある方が家系におられると浄化力は違います。
なので、合掌てやっぱり持続性もあるんですよね。

 今の土地に引っ越してきて3年くらいでしょうか。
なかなかハードでした。(*´∀`*)
なんだこの感触は?ていう。
天の助けで、引越してまもなく、私の体質を見抜いたい方が
「似てる人いるから」と、
エネルギーのわかる人を紹介してくれて、語り合ったものです。

 なんとか土地に馴染んできましたが。
先月、地元の方との、長年のしこりが表面化してしまう、
そんなことに巻き込まれました。

 そんな痛い目に合いましたが、
やっぱり、人生、無駄がないっっっ。
歴史ひも解き好奇心から、郷土史へと手を伸ばし、
やっと、住む地域の郷土史、歴史秘話?を読みました。

 古い古い本の匂いを嗅ぎながらまるで、
おばあちゃんに聞かせてもらってる気分で読みました。

 その中でも、
「信じてもらえないだろうけど」とあるほど、
信じられない話が書いてあります。

 大きな木に神様が降りてきたこと。
 雷様を叱る神がいたこと。
 腰を抜かす大きさのマムシがいたこと。
 などなど。

 とにかく、霊験あらたか地域ってことでした。


 そんな地域は、あんまり住んだことなかったなぁ〜って。

 そしてその霊験あらたか地域における神事を受け継がれた
地元の方々の思いを考えると、
やっぱり、よそ者は、よそ者なんですね。

 痛い思いをしたところに、染み入るものがあり、
これが人生なんだぁなと味わいました。

 まずは、土地の精霊たちにもう一度挨拶をして、
心新たにおつながりさせてもらおうかなと、そんな謙虚な
気持ちが芽生えています。
これも、傷ついたからこそ、分かったことです。

 三次元の経験って、すごいですね。

 郷土史万歳です。
 
 

目覚め.jpg
 



posted by すもこ at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史ミステリー紐解き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

愛犬からのメッセージ


 こんにちは。

 蝶メディスンのことを熱く語ろうと思ってたのですが、
なんだかエネルギーがイマイチのらず・・・・。

 そんなしてたら、どうも、亡くなった愛犬から
コンタクトあったようです。

唐突に恋しくなったり、そばにいる感じがするので、
切なくなったり。
やっと、これは近くに来てるんだって気づきました。

 ちょっと鈍い反応を見せたので、愛犬はちょっと
ヾ(・∀・;)オイオイと思ったでしょうね。

 ひとしきり、愛犬の思い出話を家族でして、
ケタケタ笑って、しんみりしたりしてから、
モクシャ(エネルギーを送ります)しました。

 そしたら、ふんわりと、あの世に行った感じを教えてくれました。
あんまり変わらないよ〜って。
かつて私が見た夢とそっくりの景色をみせてくれました。

 伝えてくれるメッセージよりも、なによりも、
近くに感じられることがたまらなく嬉しいです。
あのあったかさ、すごいです。

 私もなかなか成長しないな〜って思われてるだろうと思いながら、
やっぱり切なさに胸が痛くなるのです・・・。(´・ω・`)

 母にも一時、預かってもらいましたし、あの世への旅立ちも、
母が面倒みたようなものです。
そんな母も、愛犬のことを話すと、しんみりしたり、笑ったり。
3世代に渡って、愛犬の光は今も輝いてるんですよね。
すごいことですよね。

 私も弱音吐きながらでも、がんばって愛犬と共振していくぞ。

060817_200205.JPG





 
posted by すもこ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 私と愛犬とのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月15日

聖なる動物、希望


 こんにちは!

 三寒四温て、こんなに過酷だった??と思うほどですね。

 書きたいことはいくつかあって、やっとまとまりましたが、
聖なる動物にするか、蝶メディスンにするか、自問して、

 「おい、結局どっちも動物やんか」

 と一人ツッコミして笑ってました。( ◔ิω◔ิ)

 (メディスンとは、52の聖なる動物の叡智のことです。)

 メディスンの凄さを語りだすとウズウズします。
こんなにすごいスピないぞ、って。

 ってことで、今日は聖なる動物です。

 夢でみたんです。異次元ではコアラだったのが、
この次元に戻ろうとするとき、コアラ人間になったんです。
しかも、凄腕のヒーラー。
なぜか、顔はジャマイカ風。

 そこでやっぱり、と思ってます。
聖なる存在のなかで三次元に動物としてきたものが
いるのではないかと。

 乗り物としての聖なる動物は多いですね!

 先日、見た獅子舞も、最初は獅子でそのうち、刀、鈴、弊を
もち儀式を行います。
刀が最初ってのも、意味深ですよね〜〜〜。


 アボリジニの異次元の話、ドリームタイムでは、
人間はトーテムで繋がれている動物の場合、
その動物になることができるそうです。
 また創造主のバイアーメは、鳥や、ワラビーに
なって現れたことがあるそうです。

 いつか、年老いたワラビーを見たら、
「バイアーメ!」と呼びかけてみたい。

 そういう気持ちをもっていれば、
知恵を受け取りやすいんじゃないと思うのです。

 あと、獅子という生き物がいたんだと、
私は信じております!

 デレビでもありましたが、ホームレスでドラッグ中毒で
不幸続きの青年のところに野良猫がきた話があります。
その野良猫を見ているとドラッグを断たねばならないと
言われてるように感じ、必死に取り組んだとか。
「A Street Cat Named Bob」by James Bowen
本にもなっています。
「ボブという名のストリートキャット」
野良猫は何にも言ってないかもしれません、でも、そこに
命が存在すると、嘘がつけなくなるのかもしれないなと
思うのです。

 そう思うと、私も、虫や、かなへびの命の存在により、
自分の内面を浄化してる気がします。

 この本の副題が素敵でした。
「一人の男と猫がどのように希望をみつけたか」
英語ではhopeですよね。
聖なる動物たちが手伝うのは、まさにそこかもしれません。
希望というとなんだか書道のお題のように感じますが(*´∀`*)
ここのところの時代の波のなかで感じることの一つ、hope。

 希望もしくは、、、光に近い。

 闇も光もあるのが三次元なので、
闇に腰ぬかしてるだけでなく、光をみつけ、そこをたどる。
それが人の道のように思います。
そして寄り添ってサポートするのが動物たち。

毎回、腰抜かしてるのは、私です(*´∀`*)
だからこそ、メディスンを語ると鼻息荒くなって
止まらなくなるのかも!

 メディスンへの質問も大歓迎です♡♡
 私は昨日、第一チャクラに意識合わせてたら、
クジャクが見えました。

 では、また明日!!!

 先々週、やっとでてきたかなへびです。↓
 スパイダーマンみたい。

 
 スパイダーマン.jpg





posted by すもこ at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

性と生、背骨


 こんにちは。

 虹の戦士、
ハチドリメディスンの記事で、やりきった感がありました。(*´∀`*)

 感じたこと、信じることをこうして発信できる時代になったんだ、
と、感動します。

 ブログで自分の感じる世界を書いてしまうと、身軽!
なんのために生きてるとか、ごちゃごちゃならず、
書いたら、ゼロにもどるぞ!って。

 読んでくださる皆様のおかげですっ。
心から感謝しています。
定期的にディクシャーエネルギー流しますから!
ぜひ、いっぱい受け取ってください。ヽ(;▽;)ノ

 さて。

 よくでてきますよね、創造と破壊とは表裏一体とか。
海も山も癒しエネルギー高いけど、破壊力もすごいですし。

 すごく学びになる夢を見たんです。

 私は少女で、
中南米のどこか汚い部屋にギャングに連れてこられていて。
感覚も私じゃないのはわかりました。

 考えがすごく幼稚でしたし、
ろくなものを食べてないようで、監禁状態。

 逃げようとは全くしませんでした、どうせ見つかるし、
家族が巻き添えになるのも困るからです。

 ある日、ギャングの親分が数日出かけていて、そのとき、
そこの青年と親しくなるんです。
少女である私は彼にめいいっぱいの性の奉仕を喜んでするんです。

 「私のしてあげることを喜んでる」

そして挿入されたとき、私は挿入の感覚は残念ながら(?)
ありませんでしたが、
背骨の次元が変わったのがはっきりと体験できました。

 「ああ、私はなんて暗かったんだろう。
  私はもっと楽しいことを考えていいんだ。
  幸せになってもいいんだ」

 その青年への思いが一気に突き抜けて、
神様から愛されていることを思い出しました。

 青年を自分のものにしたい、とか、
結婚したいとか、欲のない気持ちのまま、
夢は終わりました。

 どう考えても、あの少女には悲惨な結末しか予想できません。
でも、彼女が大きな愛を感じたことは、
大事なことだと思います。

 私たちの背骨は、創造主の分身だと思うのです。

 その状態次第で、無関心、無感動にもなれる。
洗脳もされてしまう。

 でも、本当に命のある食べ物を食べたとき、
深い愛で結ばれたセックスを知ったとき、
私たちの背骨はダイナミックに「生」へと転換するんじゃないかと。
だから色と食は神聖なんですね・・。

 そこに、マインドが入るから、
また「死、破壊」へとシフトしてしまう。

 日々、揺れながら生と死、創造と破壊を
繰り返すのが人間なんでしょうね。

 今、母がやっとブログを始め子育てサポートを
やるぞ、と玄関を開け放ったところです。
ブログには自作の陶芸の作品を載せ始め、
彼女の背骨も一気にシフトアップ!
きっと彼女にしか見えない新しい景色が
待っていることでしょう。
http://ameblo.jp/nobuhati

 シフトアップ。
立春、新月の今にぴったりの言葉ですね。
まなざし.jpg








 
 
posted by すもこ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢の謎解き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

虹の戦士✩メディスン


 こんにちは。

 今朝の霜はすごかったです。霜柱もばっちり。

 メディスンの話、どうでしたか??( ◔ิω◔ิ)

 で、続きなんですけど、ハチドリメディスン。
英語ではHumming Bird、ホバリングの音由来の名前ですね。
ハチドリメディスンはその音、そして宝石ともいわれる構造色が
鍵になると思います。

 ホバリングの音で連想するのは、世界最古の楽器といわれる、
「ディジュリドゥ」です。
これはすべての周波数を出すと言われているそうです。
低い低音系で、オームの音に似てる気がします。

 また、こういう言葉もあるようです。
「ディジュリドゥの音は、
 私達人類の五万年ほど前の記憶を呼びさましてくれる音です。
そして人類は今、
それぐらいのタイムスケールで自分を見つめなおす時に来ています。

        地球交響曲監督 龍村仁」

 かっちょいい。

 ここまでくると、ハチドリメディスンを飛び出し、
クジラメディスンにいくのですが。(*´∀`*)
クジラメディスンも古代の音、思い出す、というメディスンです。

 宇宙と繋がるヘルツは963Hzだそうです。

 なので、低音系のハチドリ、ディジュリドウは私たちのチャクラを
調和させ、呼び覚ますものだと感じます。
アボリジニは「五次元の人間」と呼ばれてることもあるそうです。
これも五次元と繋がるハチドリメディスンと関連しますね。

 周波数といえばチャクラ、色。
世界平和の祈りのある弊立神宮には五色のお面があるように
色の調和、というのは平和へのヒントのようです。

 ハチドリや玉虫の構造色、虹への憧れは、
本来あるべき姿を思い出させるものでしょう。

 虹といえば、創造主、龍など、も繋がります。

 クリー・インディアンによる虹の予言も、
人が団結して新世界を作ることを予言していますし、
虹の戦士は、レインボーチルドレン、クリスタルチルドレンの
ことのように思うのです。

 調和のとれた色と音。
それは私たちへのリマインダー。

 子供英語をしていますし、子供たちと触れる機会は
多く、また、テレパシーを使う子供たちも見てきました。
彼らは、バランスを知ってると、思います。
瞳をきちんと合わせると美しい色を帯びるような素敵な
存在です。
その代わり、瞳を合わせない、拒絶などを感じると、
反抗的な態度をとる子もいます。
そりゃ、しかたないべ!と思います。

 メディスンセッションを充実させたいと思いながら、
研究していますが、本当に照らされています。

 宇宙と繋がる前にまず心身の調和、それが極意のようですね。

 ハチドリと、ワタリドリメディスン、カラスメディスンとの
繋がりについてはまたいつか!(ΦωΦ)フフフ…

  

黎明.jpg




posted by すもこ at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月03日

精神の復活


 こんばんはっー!!

 今日はまた一つメディスンの謎が紐解かれました。

 叡智サイコー。アリガトー。

 興奮しすぎてどこから書けばいいのか。(;´Д`)ハァハァ

 参考文献は、
 ・メディスンの原書
 ・「アメリカ先住民の宗教」P・R・ハーツ(青土社)
 ・「魔術師ミショーシャ」H.R.スクールクラフト採話

 三つ目のなんか、あら、子供向けファンタジー?など思わないで
くださいね。
これ、採話なんですっっ。

 メディスンの研究には、子供向け書庫にヒントあり!なんです。
図鑑とか、説話集に驚くべきヒントがあります。
なんで大人向けにないのか不思議ですね。
宇宙人アミと同じやり方なのかな。

 採話してくれたスクールクラフトさんは、
探検家で、オジブワ族の孫娘と結婚し、彼らの口伝の話を
まとめて世に広めた初めての人だそうです。
ありがとう!!!!

 ポーニー族は明けの明星の子孫だと言われてるそうです。
ああもう、感動で失神しそうです。

 ネイティブアメリカンもまた、カゴ一つでも、
神聖なものとみなしていました。
ここの姿勢がポイントになりますよね。
http://sumoko.seesaa.net/article/432826432.html?1454499022

 私のガイドメディスン、ハチドリですが、
これは、ゴーストダンス、黒い太陽、五次元と関連するそうで、
人類の謎解きのメディスンでもあるのです。

 ゴーストダンス、、つまりは、「精神の再生」なんです。
彼らは白人の迫害のなかで行い、脅威だとみなされ、やがて
虐殺事件にも発展しました。
時代も設定も全く違いますが、私たちも似てませんか?
気づけば、汚染された情報。
当たり前のようなパン給食・押し付けられる牛乳。

 日月神示には
「骨抜き状態」だと言われています。

 黒い太陽にしても皆既日食、再生、という意味もあります。

 私たちを照らす灯り、メディスンだと思います。
ハチドリは、ナスカ地上絵でも有名ですよね。
それについての私の推理はまた次回・・・・(ΦωΦ)フフフ…

写真は「魔術師ミショーシャ」HRスクールクラフト採話(風濤社)
 /strong>「魔術師ミショーシャ」H.R.スクールクラフト.jpg
posted by すもこ at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

意識の統合、メディスンの調和


 こんばんは。

 昨日、散歩していて、こっちの道に惹かれる、と
ルートを変えてあるいていくと、あらまあ!
梅の花との出会いが。

 昔から、梅の花には花の精の存在を強く感じ、
懐かしい人に会えたような気がします。

 花や動物たちは、まるで私たちを待っていたかのように、
いることがありますよね。
そんなときの感触は、至福です。

 私はこの二ヶ月のストレスで、からだを痛めつけていたので、
鍼で調整してもらいました。・゜・(ノД`)・゜・

 気が右半分ないよ、と言われ、「あ、そう?」と思ってましたが、
治療の終わり、ストンと妙な感覚になりました。

 「わたし、右足が、ある」

 そこでやっと、抜けていた気が戻ったのが分かったんです。。。。

 でも、そうつぶやいたのって、今、文字を入力してる私じゃないんです。

 
 自分の感覚、意識って一人じゃないって思います。
その意識は、右足の気がないな〜て、気づいてた、
だから、戻ってきたとき「んんん?」と反応したんだと。
そういう意味でも、昨日の「メディスン」ではないですが、
自分のなかのいろんな要素を統合させることが必要なんじゃなぁと
体感しています。

 ヨガはもちろんですが、やっぱり、
ゆっくり散歩して、いろんな出会いを味わうことも、
その大事なひとときだと思います。

 あ〜これ、添加物多そう、でも食べたい。
そんな時には、「ありがとう」と声をかけて、食べるように
しています。
(食べなければそれが一番ですけどね(๑≧౪≦)
そんな感じで、ストレスで硬くなったお腹にも、
「ありがとう」そう言ってあげる時間が必要だなぁと思います。

 心よ、体よ、私と一緒に生きてくれ

 鍼治療のあと、そう祈りました。

 祈りって、自分のなかの調和を目指すことかも。

 鍼師も、中国の雨乞いの話してくれてました。
雨乞いの男が水不足の村にきてしたことは、自分自身の調和。
調和されるとすべてが自然に運ぶ。


 祈っていたら小さな天使たちが降りてきて、ふんわりと
包んでくれました。

 ずっぽりと、気が抜けてしまったから、わかる、
自分のなかの一体感、統合感。
そんなのを体験させてもらったのかな、といいように
考えてますっ。

 どうか、これを読んで似た体験されてる方が
ほっこりとされますよ〜に。
祈ってみます、調和へむけて。

つぼみ.jpg



posted by すもこ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | こころ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

今日のメッセージ ワンネスへの癒し


 こんにちは。

 昨日の夜〜朝にかけて、深い癒しのエネルギーが流れた
いたようです。

 ありがたいです!!!!!!
もう、予告なしなんで、いつでも受け入れる体制で寝ないとな、
と改めて思いました。体勢?(*´∀`*)

 ここ二ヶ月ほどの出来事のストレスが思いっきり、
第一チャクラに来てて、自分のエネルギーを和すことの
難しさを痛感しましたが、同時に、

 ああ、ここのところの心労は新たなバランスへの始まり
 だったか、と。

 そうなんです!
年代ごとに、人はエネルギー調整する必要があるんですね。

 ガイドメディスンリーディングでも、やはり、相反する
エネルギーを持って生まれています。
それはよりエネルギーをだすためなんですね!!!
(マヤ暦の紋章でも相反することが、よくあります)

 その、より新しいエネルギー調和のために、ゴタゴタと
不本意な出来事、理不尽な目にあうこともあるわけです。

 目に映ることは内面の現れだとよく言われますが、
私は、言い直したい。

 「目に映る出来事でエネルギー調整する」

 私は、第1チャクラにあたるメディスンに、美・喜び。

 第7チャクラにあたるエネルギーに、協力・戦士・スタミナ。

 ここの調整が今後の鍵になるわけです。
そう思うと、女神イシュタルが愛・戦いというエネルギーなのも、
なんか自然なことかも?と思っちゃいます。

 ここのところの出来事で、孤立感ありました。

 内省もしますし、自分の在り方、エネルギーの使い方を
調整していきますが、
なにより、人間社会で孤立感感じるときほど、
「偉大なるスピリット」と繋がれると経験しました。
自分の遺伝子の奥にあるリズムをひっぱりだすイメージです。

 孤立感てのも、あくまで自分が感じたことですし。

 心にはいろんな領域があり、怖い道も、不安な道も、
険しい道も時に通らないければなりません。
メディスンの叡智をその灯りとしてこれからも、たくさんの人と、
ブログやセッションでシェアしていきます。

 メディスンガイドリーディング、受けてみたく
なったのではないでしょうか??

 写真、見てみてくださいね!!!
 medicine cards.jpg


posted by すもこ at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

夢見


 やっぱり、夢見、最高っす。

 あの独特の世界。感触、なんとも言えないですね。

 昔は誰かガイドに連れていってもらってたんですが、
最近は、自分の周波数次第って感じです。

 今日は、カオス的な夢のあげくに、
捕まってる仲間を助けるための長い旅へでる前、
おばあさんに洞窟の入口で食べ物をもらいました。

 食べ物は貴重でしたし、ありがたくいただきました。

 おばあさん、なんの肉ですか?

 「エルクだよ」

 私は、ガイドにエルクを持ちますので、
心からありがとう、と言いながら美味しくいただきました。
しかも、エルクの足。

 エルクメディスンは「スタミナ」
一番を目指すのではなく、長期的プランで、かつ、仲間と
助け合うメディスン。

 あらためて、メディスンの本を開くと、
やっぱり、メディスンとの繋がるその大切さが書いてあります。
なんでも、ネイティブアメリカンの子供が道に迷ったとき、
両親のガイドメディスンを呼ぶと、
両親に子供の居場所が見えるとか。

 さすが。

 メディスンは安全にかつパワフルに私たちの意識に
アクセスしてくれると感じています。

 エルクにサポートをもらって生きていくんだ、そう感じました。

 私たちはやっぱり入れ物なので、いいエネルギーを取り入れて
いくよう心がけることが大事なんでしょうね。

 
ハート.jpg



posted by すもこ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

メディスン


 こんにちは。

 メディスンとは、ネイティブアメリカンの叡智です。

 セッションでは、ガイドメディスンを導きだして、
読んでいきます。
メディスンを知ってから、エネルギーがメディスンとして
見えるようになり、さすがサポート軍団だと感心してます。

 彼らは夢を大事にしていました。

 その生き方が好きです。

 夢はやはり無意識の海のようなもので、調整でもありますね。

 クモメディスンや、ふくろうメディスンは特に、
夢日記をすすめてます。

 私は覚えてるから〜と、たかをくくってましたが、
母は真面目につけてたそうです。えらい!
母の友人はディクシャギバーになったタイミングで離れていきました。

実は、私も友達がギバーになった時、離れていきました。

波動が変わるのでしょうがないとは、思うのですが。

 母の友人はたびたび、母の夢にでてきます。
そして日記をつけていたから判明したんですが、
同じセリフを二回言ってるんです!

「桜が咲くまで待ってて」

 意味深〜〜〜〜。

 意識と無意識のうねりのなかで私たちは
いきているんですね。

 マヤ暦でも、メディスンでも、すべては巡るもの。

 春は必ず来るでしょう。

 hikari.jpg





posted by すもこ at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | メディスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする